注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

食物繊維の補給に!大麦はスーパーフード

美容

2018.04.25

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:まのり

 

ダイエットや便秘解消に欠かすことができない食物繊維。毎日、食物繊維を摂るべく、野菜メインの食事にしたり、サプリメントを使用したりしている方も多いと思います。主食から食物繊維を摂るべく、玄米ご飯を食べている方もいることでしょう。

しかし、ここのところ野菜も高騰で、玄米ご飯もなかなか準備が大変だったりします。そこでおすすめしたいのが大麦。この大麦は、食物繊維がたくさん入っていて、毎日手軽に摂取することができるんです。

 

大麦は、キヌアやチアシードとともにスーパーフードと呼ばれていますが、その中でもお菓子などに加工されているものも多くて、スーパーフードの中でも身近にとることができます。私が見つけたのは、「大麦味噌」。味噌なら、毎日の料理に使い勝手が良いのですし、発酵食品でもあるので、とりいれることで健康になれそうな気がしたからです。

2-1

 

 

 

 

 

(地元で作られた大麦味噌です。)

 

大麦味噌初日


初日は張り切って、大麦味噌を使うべく、味噌汁、白和え、回鍋肉などなどたくさんの味噌料理を作りました。大麦の食物繊維に、発酵食品の味噌の組み合わせが良いのか、翌日、大量の便が。

2-2

 

 

 

 

 

(味噌味の白和え)

2-3

 

 

 

 

 

(味噌味のおから)

その後も、焼きおにぎり、サラダのドレッシングなど、1日1回は大麦味噌をとりいれると、便秘がちだったお腹も、良くなって、ほぼ毎日排便がありました。

そして、これが不思議だったのですが、生理前のイライラがなかったんです。毎月生理前は、ついつい主人や子供たちに当たりがちだったのですが。これは、味噌に含まれている大豆イソフラボンの効果だったようです。

主人にも変化が。わたしも快便になりましたが、主人もやはり排便の調子がよくなったそうです。そして、私たち夫婦は、毎日お弁当持参で仕事に行くのですが、お弁当のおかずにも大麦味噌をつかっていると、主人は若干ではありますが、ズボンのウエストにゆとりがでてきたそそうです。いつも醤油をつかうところを大麦味噌に変えるだけで、健康的になれたような気がします。

 

大麦の栄養価


大麦の栄養価について詳しく調べてみると、やはり優れているのが食物繊維。普通の白米を食べるよりも大麦ご飯を食べるほうが食物繊維が17倍も多く含まれているそうです。そして、カルシウムは3倍、カリウムは2倍。また、食物繊維は「水溶性」と「不溶性」を半量ずつ含んでいるので、バランスも良いそうです。

食生活の欧米化に伴って、日本人の食物繊維摂取量が年々減っているので、大麦をとりいれることで、不足分をカバーできそうですよね。

 

味噌以外にも


大麦を取り入れるべく、色んな大麦加工品を探してみると、大麦のお菓子、大麦の麦茶、大麦入りグラノーラ、大麦入り青汁など、いろいろありましたよ。生活習慣に合わせて取り入れやすい大麦加工品を使うと、荒れた食生活を送っている人も健康になれそうですよ。

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る