注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【体験談】胃腸炎を罹ったら!我が家の対処法とお役立ちグッズ

美容

2017.12.27

お役立ちグッズ①アイテム編

我が家で大活躍だったアイテムたち。冬の間は、寝室にまとめて常備しておくと、いざというとき慌てずに済みますね。

20171227-2

・ゴム手袋、マスク

素手で吐しゃ物や洗濯物を処理するのは感染リスク大!ゴム手袋とマスクを着用することでリスクを減らし、手袋を外せばすぐに他の子のお世話ができます。

 

・トイレットペーパーを敷いたボウル(ティッシュだと流したとき便器が詰まります)

7歳にもなれば「吐きそう」「気持ち悪い」と自己申告してくれるので、2歳児より汚れ物が少なくて済むことが新発見!月齢の小さな頃は、機嫌や食欲など、『いつもと何か違う?』と判断する必要があるので難しいですが、受け皿があると汚染を最小限にできます。100円ショップで専用品も売っていますが、我が家では普通の調理用ボウル。。。

手洗い&除菌後に食洗機にかけて高温殺菌すれば使い回しOK!と判断したズボラぶりですが、気になる方は専用品を!

 

・エチケット袋

小児科へ行く際、移動時の吐き気にも対応できるように作りました。紙袋にビニール袋をかけ、セロテープで留め、トイレットペーパーを敷けば完成!

 

・ボロ布、ミルトンなどの除菌剤

パジャマが汚れても、着古していれば未練なく捨てられますが、布団やシーツはそうはいかない。我が家では普段から、使い古したタオルや服などをハンカチサイズに切ったものを常備しているので(フライパン汚れやカレー皿を拭いたり、食べこぼしを拾うのに便利!)、これに除菌剤をスプレーして叩き拭き&使い捨て。便器やドアノブも同じ要領でお掃除。

ノロウィルスなどは普通のエタノールでは死滅しないので、除菌剤はウィルス対応のものを用意してくださいね。ネットでも色々売っていますが、私は臭いがキツくてダメで、ミルトンを使ってます。

看護師の友人から院内で使用していると聞き、哺乳瓶に使うものだから安全性も高いかなと^^規定より少し濃い目に希釈し、スプレーボトルに入れておくと使いやすいです。使い切ったヘアウォーターのボトルをリサイクルしました。

 

・ペットシート、おねしょパット、防水シーツ

20171227-3

オムツが外れていても、トイレが間に合わないことも!おねしょパットをパンツにセットしておくと処理が楽です。トイレトレーニング後の夜間に使用していたものが余っていたので、それを使いました。

枕カバーの下にはペットシートをセット。夜間の吐き気にも対応でき、吐物を拭き取る際もボロ布より吸収力がいいです。普段、赤ちゃんのオムツ交換時にも、下に敷いて使ってます。

冬は、暖かな敷き毛布を使いたいところだけど。。。汚れたときのダメージが大きいので、冬、特に流行状況に応じて、我が家は大人布団サイズの防水シーツを使ってます。それでも、寝相悪くて畳の上とか、布団と布団の合間に!とか、なかなかうまくキャッチできないことも多いんですけどね。。。

 

・アロマエアフレッシュナー、アロマディフューザー、ロールオンアロマ

20171227-4

お手入れしていない加湿器や空気清浄機は、菌を空気中に撒き散らしているようなもの。。。今回、アロマグッズがとても役立ちました。

エッセンシャルオイルは、抗菌力の高いティートゥリーと、浄化作用のあるラベンダーを使いました。生後6ヶ月未満の赤ちゃんには使えないので、赤ちゃん周りは避けて、家中にこまめにスプレーすることで、抗菌や加湿に貢献してくれたと思います。

また、息子の吐き気がなかなか落ち着かなかったので、ロールオンアロマも作り、こめかみや背中に塗ってあげました。(2歳児なら足の裏への塗布が安心)これ、つわりや車酔いにも使えるんです!精油は、リラックス効果の高いラベンダーと、気分を明るくしたり、胃腸の働きをサポートしてくれるオレンジを使いました。

詳しい作り方や効能は、また改めて別記事にてご紹介しますね。

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る