注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【体験談】胃腸炎を罹ったら!我が家の対処法とお役立ちグッズ

美容

2017.12.27

冬になると、風邪やインフルエンザなどの感染症リスクが高まりますね。

私が最も避けたいと切実に思っているのが胃腸炎。いわゆるお腹の風邪で、嘔吐や下痢、発熱を伴い、回復にも時間がかかります。

正直、インフルエンザの方がましー!所詮は風邪の重いやつ。基本、安静にして睡眠と栄養を摂れば回復します。が、胃腸炎の場合、何が大変って、その対処。

パジャマや布団などの汚物処理が大変で、栄養の摂取もままならなくなるし、うつるリスクもダメージも大きい。

なのに我が家、今年は早々に1シーズンに2度も罹り、点滴を受けるほどの重症に!

2度とも私にうつってしまい、これまでにない初めての壮絶な体験をしてしまいました。

せっかくなので(?)、対処方法とお役立ちグッズ情報をシェアしますね。

20171227-1

感染の原因は、免疫力の低下?

これまで、保育園で隣の子が嘔吐しても、冬でも半袖で過ごしていても、ほとんど感染することのなかった子どもたち。かかっても軽症。免疫力が高いから、保菌しても発症はしない。

平熱が高いから、半袖でも大丈夫。だったのですが、、、

 

『初めての小学校生活の疲れが出てしまったかな』

『早起き早寝はできていたけれど、運動不足だったな』

『最近あまり笑ってなかったな』

『自分に余裕がなくて、子どもたちを怒ってしまうことが多かったな』

等々。。。

思い当たるフシはいくつかあるのですが、結局のところ、免疫力が下がっていたことが原因だったとみています。

自分も、今までまともにうつったことなどなかったのに、今回はしっかり貰ってしまいました。これも、産後の免疫力低下(と加齢?)が原因かなと捉えています。

 

発症は帰宅後、入眠直後、週末が多い

今回、2歳の娘と7歳の息子がそれぞれに感染。2度とも週末に発症しています。胃腸炎に限らず、症状というのは、交感神経優位から副交感神経優位になったときに表面化します。

根詰めて仕事しているときは平気だったのに、ひと段落してホッとしたら頭痛や睡魔に襲われた、という経験は、大人でもありますね。

子どもも同じなので、保育園や小学校では大丈夫だったのに、家に帰ってお風呂から上がったら!(せっかく綺麗にしたのにー)、とか、寝入った直後に異変を感じてふと見たら(きゃ~布団が!)、とか、我が家はこのパターンが多いです。

もちろんそうではないケースもありますが、『気持ちが緩んでリラックスしたときに症状は出やすい』ということを頭に入れておくだけでも、対策に繋げることができます。

 

小児科を受診する目安は?

身体がリラックスモードになったとき=診療時間外、ということになるので、救急外来へ行くほどの事態なのかを冷静に見極める必要があります。

あくまで私個人の判断基準ですが、『脱水リスクがあるかどうか』で判断しています。

『6時間以上、吐き続ける』

『吐き気が落ち着いてから、小さじ一杯の水分から補給し始めたのに、それも受け付けない』

今回、7歳の息子がこの状態で、受診後すぐに点滴となりました。

かかりつけの小児科の先生がすごいなーと思うのは、胃腸炎のとき、『お腹を触ってすぐに判断』してくれること。嘔吐の症状を訴えても薬すら処方されないこともあれば、今回のように即点滴!となることも。

これ、『お母さんの手当て』としても目安になります。

今回私も、息子のお腹に手を当てたとき、ヒクヒク痙攣して脈を打っているのが分かったんです。『あ、これやばいな』と直感で、移動できる状態になってからすぐに受診して正解でした。

 

とにかく換気!加湿!水分補給!

症状が激しいと、薬でさえ戻してしまい、回復に時間がかかるもの。

今回は点滴の中に吐き気止めが含まれていたので、帰宅後は比較的早い段階から水分補給ができました。

それでも、きょうだい(特に生後3ヶ月の赤ちゃん!)にはうつしたくないと、私は必死でした。

元気な方を預かってくれたり、救援物資を届けてくれたお友達には、感謝してもしきれません。それでも同じ家で暮らしているから、お風呂や夜間はうつるリスク大!

寝る部屋を分けて、嘔吐や下痢のあとはすぐに換気!こまめな空気の入れ替え!を徹底しました。玄関とリビング、キッチンの窓、計3箇所を開けて、今年初の床暖房を常時回転!

換気するときは、2箇所以上の窓を開けるのがポイント。空気がしっかり流れ、短時間で換気できます。(このとき赤ちゃんは窓のそばに移動させ、毛布でぐるぐる巻きにしていました)

加湿器も空気清浄機もお手入れをする余裕がなかったから使えず(涙)、バスタオルなどをダミーで?たくさん干して、アロマエアフレッシュナー(下記参照)をシュッシュしてました。

水分は、一度にたくさん摂るよりも、こまめに少しずつ補給するのが効果的!うがいのできない赤ちゃんは、帰宅後に授乳するのが効果的なのと同じで、のどについた細菌は、胃に流すことで胃酸が殺してくれます。常に喉が潤うことで乾燥防止になり、吐き気の誘発を防ぐ効果もあります。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る