コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊娠中、産後の【抜け毛】どう対処してますか?

美容

2017.10.25

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:椙本浩子

 

20171025-1

妊娠中も産後の抜け毛もある時期がきたら大丈夫!と思っていませんか、40代の私が思うにはできれば早めに対処してほしいと考えています。

私はだいたい1から2が月ごとにヘアサロンに行っていますが毎回違う店舗に行っています。その理由とはスタッフさんからヘアケアの情報を手にいれたいのと初来店クーポンなどでお得にサロンに行ける方法をとっているからもありますが・・・。(節約主婦です)

 

これから、サロンでスタッフさんに施術中に教えてもらったことでいいなと思ったことのみ紹介します。

 

裏ワザ、ヘアオイルとヘアワックスで

20171025-2

ヘアワックスだと髪になじませにくいと感じたことありませんか? ヘアオイル、べたつくから苦手と感じたことありませんか? そんなとき、ヘアオイルとヘアワックスを同量手のひらにとってよく混ぜてから髪になじませるといいそうです。確かに両方の「いいとこどり」できます。

 

せっかくのセットした髪に白髪発見(涙)

これ、かなりのショックです。

 

①栄養不足

一つの原因として髪や頭皮で充分な栄養が行き渡っていないことがあるそうです

髪はタンパク質、水分、脂質などでできています。

髪の毛には約8割が、タンパク質でできていますので良質なタンパク質を摂取しましょう。ビタミンBの一種の「ビオチン」は、体内で不足すると白髪や抜け毛の原因になりますのでビオチンが多く含まれる食材、代表的なもので青のり、大豆、納豆などがあげられます。

 

②メラニン色素不足

メラニン色素=シミ

肌には少ないほうがいいのですが、髪に関してはメラニン色素が多いほうがよいのです。

もとは髪の毛は白色です、髪の毛が形成されていく段階でメラニン色素が混ざり黒く色がつき生えてくるわけでメラニン色素が不足することによって白髪が生えてきますので髪にとってメラニン色素は重要な役割を持っています。

髪のメラニン不足を補ってくれる食べ物の大豆、チーズです。

 

③無理なダイエットによる髪へのメラニン色素不足になりやすくなる

 

④ゼロにはできないストレスが原因のことも

 一般的な助言になってしまいますが、ストレス社会ですのですべてを取り除くには不可能。なるべくリラックスする、ストレス解消法を取り入れていきましょう。

睡眠を充分にとることによって健やかな髪の土台作りに結びつきます。

 

薄毛にはマッサージが大切

毛根が詰まり気味になっているのも原因が考えられます。脂っこいものが好きだと、特に毛根に皮脂汚れがたまっていることがあります。

毛根の脂には、ヘアオイルで対処。入浴前に頭皮にヘアオイルを頭皮につけ、マッサージします。その後、シャワーで流し、いつものシャンプー、リンスをします。ヘアオイルが皮脂汚れをキャッチして、一緒に洗い流してくれるのです。

また、頭皮がガチガチに固いと栄養が髪にも届きにくくなり白髪の原因、薄毛の原因につながるので、頭皮にマッサージをほどこしてやわらかくしておきましょう。疲れもとれ頭もすっきりします。

 

白髪は抜いちゃダメです!

自然に抜ける場合と違い故意に抜くと、その白髪だけでなく周りの毛、頭皮にダメージを与えてしまいます。でも、根元付近で白髪のみカットすると、伸びてくると白髪がピンと逆立ちかえって目立ってしまい、あんまり見た目もよくありません。白髪は、気になる部分だけ部分染めなどで対処するのが、いちばんダメージが少なく、見た目もいいと思います。最近は、白髪染め効果のあるシャンプーも出ているので、日々のケアにはオススメです。

 

ヘアサロンでヘッドマッサージを

20171025-3

費用がかかるので強くおすすめできませんが、ヘッドスパやヘッドマッサージをしてもらうと、やっぱり、かなりの効果があります。自たま~のごほうびに、プロの手でやってもらうと段違いの効果です。忙しくて、サロンに行くのは難しい!というときは、ヘッドマッサージできる美容家電を使うのも手。

ガチガチだった頭皮もゆるみ、頭もスッキリ。しかも頭皮と顔の皮膚はつながっているので、頭皮マッサージをするとお顔のリフトにもつながります。

20171025-4

毎回ヘアサロンに行くたびに髪の状態をチェックしてもらい、必要なヘアケアを聞くといいですよ。なんといっても、髪は女の命ですから!

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る