コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

いつまでも〝サビない女性〟でいたいから「抗酸化作用の高い食べ物」10選

美容

2020.02.04

iStock.com/metamorworks

老化にアプローチ!?「抗酸化作用」とは?

 

私たちは生きるため呼吸をします。取り込んだ酸素の一部は酸化力の強い「活性酸素」に変化し、これが体内で増えると酸化を招きます。

人間が「酸化」すると、しみ・しわ・肌あれなどの肌トラブルをはじめ、体や血管の老化が起こります。この「酸化」を食い止める働きを「抗酸化作用」と言います。

抗酸化作用はもともと体内に備わっていますが、20代をピークに、その後は年齢と共に低下していくと言われています。

体内に備えがなくなるのならば、外から取り入れなくてはいけません。そこで「抗酸化作用の高い食べ物・10選」を紹介しましょう。

 

「抗酸化作用の高い食べ物」10

 

iStock.com/ansonmiao

 

1.かぼちゃ

かぼちゃには、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンと抗酸化作用の豊富な栄養素が3つも含まれています。

日本かぼちゃと西洋かぼちゃがありますが、美容の面からは「西洋かぼちゃ」がおすすめ。βカロテンは日本南瓜の約5倍も含まれています。

また、肌を健康に保つビタミンAC・Eが揃って含まれているのも注目です。

 

2.ごま

ごまには「セサミン」が含まれており、酸化防止効果があります。

特に黒ごまの種皮にはポリフェノールも含まれており、抗酸化作用が期待できます。

吸収力が変わるため、そのまま食べるよりも、すりごまがおすすめです。

 

>>NEXT 抗酸化作用の高い「野菜・魚」

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る