注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

宝くじが当たればやりたい!? 100万円でキレイになる方法

美容

2019.10.07

2019.11.26

9月3日放送の『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(フジテレビ系)では、「100万円で女性はどれだけキレイになれるのか?」を特集。一般女性に美容資金として100万円を渡し、10日間でいかに美しくなるのかを検証していました。

 

韓国で最先端の美顔レーザー


まずは美容家で有名なIKKOさんとファッションリーダーのRIKACOさんが、100万円を渡す「原石」2人を選定。多数の応募者から選ばれたのは、同番組のAD・城野綾子さんと主婦の連石理加さんでした。

 

まずは仕事柄オシャレに気を配ることができず、普段から女子力低めの城野さん。“荒れた肌の治療”を最優先で行うため、韓国の「江南アルムダウンナラ皮膚科」を訪れます。そこは最先端の「美顔レーザー」でニキビをキレイに取り除けるという、IKKOさんおすすめの美容皮膚科。50種類以上の美容レーザー機器を取り揃えているため、肌の悩みに合わせて最適なレーザーを選択してくれるそうです。価格は約50万円とお高めですが、様々なレーザーを駆使して「ニキビ除去」や「毛穴の縮小」などを行いました。極めつけは、採取した自分の血小板を肌に浸透させる「皮膚の再生治療」。6時間に及ぶスペシャル治療コースで、見違えるほどツヤの出た肌へと変わります。

 

翌日には保湿パックでのアフターケアや、マイナス100度の冷凍ダイエット「クライオセラピー」を堪能した城野さん。約25000円の太もも痩せエステ「エンダモロジー」も行い、太もものサイズがマイナス2cmになりました。

 

シミやそばかすを除去!


城野さんは残ったお金をウォーキングレッスンによる「姿勢矯正」や、体を絞るための「筋トレグッズ」などに使用。そんな中、長年のコンプレックスである“ボサボサの髪を直したい”と美髪専門サロンの「RESALON」に助けを求めました。髪質が劇的に美しく変わることから「髪ライザップ」といわれる同サロン。90分かけてトリートメントや保湿などを行った結果、サラサラでキューティクルな髪質へと変貌を遂げています。

 

一方で“仕事・育児・家事”で美容にかける時間もお金もないという主婦の連石さんも、100万円を有効活用。コスメティックスギンザ「ミキモト」でエステを行い、肌にキメと潤いを出していきます。同施設で使用するクリームには、保湿やアンチエイジングに優れた「ブラックパール」の成分が。連石さんはこのクリームをかなり気に入り、エステ後には数本購入していました。

 

さらに疲れた顔つきを65本の鍼でスッキリさせたり、“シミやそばかす”を最先端レーザーでキレイに除去。気になるお腹のたるみも解消するため、痩身治療器「エムスカルプト」を実践しました。同機器は、1回30分の施術で“約2万回の腹筋運動”と同じ効果を得られるそうですよ。

 

最終的に驚くほどキレイな肌や髪へと様変わりした2人。出演者の有吉弘行さんも、「(前と)全然違う」「めちゃめちゃキレイだ」と大絶賛していました。

 

美容のためのケア用品所持者は9割弱!


「お金があれば美容に使いたい!」と思う人は多いはず。では、実際どのくらいの人が美容意識を持っているのでしょうか? マイボイスコム株式会社は、以前「美容意識と行動」に関するアンケート調査を実施。10569名の男女を対象に、「美容に対する関心度」をたずねました。結果を見ていくと、美容に関心がある人は全体で4割弱。性別ごとの場合は男性が2割弱、女性は6割強という結果でした。

 

同調査では、“美容のために意識していること”もリサーチ。女性の10代~20代では「ムダ毛処理・脱毛」、30代~40代は「スキンケア(顔)」が1位にあがっています。また7割弱の女性が、“美容のために家電製品を利用している”ことが判明。“家電製品以外で美容のために利用しているケア用品がある”という女性は、9割弱にのぼりました。

 

輝く女性になるための美容グッズやサロン。お金と時間に余裕ができた際には、ぜひ試してみたいですね。

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る