コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

仕事も家庭も円満に?!性格診断アプリ&リラックスメソッド

美容

2017.07.12

仕事でも家庭でも、日々のトラブルはなくしたいもの・・・近しい関係こそ、ちょっとしたことで「え?」「どうして?」と思うこと、ありますよね。 少し前に伺ったビジネス交流会で、アンガーマネジメント協会の方の話を聞いたことがあるのですが、人が怒るときというのは、往々にして『自分のちょっとしたルールに反した』と思うからだそうです。例えば、脱いだ靴下は洗濯カゴに入れる、食べたらお皿をつける、など日常にある小さな自分のルールです。自分が忙しいときほど余裕がないので、それでイライラしてしまう原因になるのだそう。しかも、近親者(子供や夫など)に顕著に出る感情だそうです。ワーママの場合は、保育園などから帰宅した後の時間帯に多く感じないでしょうか。この時のセミナーでは、『怒りをコントロールしよう』という結びで終わっていましたが、頭ではわかっていても、怒りが頂点に達するとこちらもオーバーヒートしてしまうことも少なくないと思います。そこで、その根本を解決するため以前お会いした心理カウンセラーの方に聞いたアプリをご紹介します。

 

自分と相手を知る、性格診断アプリを試してみよう

20170712-1

「Behavior type」という性格診断アプリです。

その心理カウンセラーさん曰はく、人はだいたい4つのパターンに別れていて、自分を知るだけでなく、相手のタイプも知ることで「○○だからそうなるんだ!」と納得するので感情を抑えることができるというのです。

 4つのパターンとは、

 

①明るく楽しくハッピーな楽天家「ラビットタイプ」

②癒し系で好かれる八方美人「シープタイプ」

③ちょっと怖いが頼れる実業家「ウルフタイプ」

④静で石橋を叩いて渡る堅実派「タートルタイプ」 

 

「性格診断」からそれぞれ10設問があり、すべて答えていきます。

20170712-2

①100%②100%・・・という人はほとんどいなく、だいたい①が多かったら①寄りのタイプということができます。

だいたい夫婦やカップルは、自分にないものに惹かれることから正反対になる割合が多いと言います。子供へは、まだうちのように小さい場合などは、自分が見る子供として自分でやってみたときのものを参考にしてみると、なるほど!と思うことがあります。私はこの結果を受けて、タイプによって考えることは違うし、違うからこそ自分と同じようには考えられないので、自分から見ると“できない”と思ってしまうんだと思うようになりました。子供はまだ性格形成の段階ですが、怒るときに相手を否定することなくできるようになるのでは?と感じて、少しでも怒りのコントロールにつながるのではないかと考えました。

 

診断結果を読み解こう!

20170712-3

ちなみに、こちらが私の診断結果です。自分的に、やっぱりな、と思いましたが。(笑)旦那さんは、ラビットタイプ。うちは正反対というか相反するというべきか・・・。このアプリでは、結果を登録して相性診断もできたり、母(プライベート)の自分、仕事の自分、も診断することができ、自分同志の相性も診断したり、ちょっとした暇つぶしにも◎!

自分と旦那さんの相性を調べてみました。

20170712-4 20170712-5 20170712-6

↓は自分から見た相手の注意ポイントがわかります!相性は悪い?!でもこれを相手に見せて、納得してもらいました。(笑)

20170712-7

 

次に子供と自分です。

20170712-8 20170712-9 20170712-10

私から見た息子なので、不完全ではないと思いますが、“安らぎを求めている”というのを見て、あまり怒らないようにしようと感じました(笑)。まだまだ3歳児だし、難しいですけどね・・・。

私は会社の長でもあるので仕事ではしないと思いますが、仕事のパートナーや同僚とやってもおもしろいかもしれません!このアプリを教えてくださった心理カウンセラーさんも働くママ。先輩ワーママのお話は参考になりますね!

 

どうしてもうまくいかない日は、お休みも必要

それでも、いろいろ頭でわかっていても、やはり実践できないときもあります。悩みもつきませんよね。そんなときは手軽にリラックスしてストレスを回避します。アロマのお風呂に入ったり、アロマスプレーでリラックスしたりするのもオススメです。アロマスプレーは、ボディにシュッとスプレーしたり、空中に振りまいてルームフレグランスとして使ったりします。

20170712-11

商品は、子供も一緒に使える質が良いものがいいですよね。うちは大きめの犬がいますので、質の良いものは犬にも安心です。

 

今日も(明日も)一日頑張りましょう!

CHANTOママライター/長井美有紀

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る