注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

キンタロー。さんのマイナス14kg激闘記に思わず私も奮い立つ

美容

2019.06.24

beauty201906

ダイエット方法を紹介する芸能人は多いですが、元からモデル体型な人の方法では参考にならない場合もありますよね。お笑い芸人のキンタロー。さんは、番組のために14kgのダイエットを実施。ブログで明かした激闘の記録が話題になっています。

 

マイナス14kgを達成した過酷なトレーニングとは!?


キンタロー。さんは5月16日に自身のブログを更新。『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の社交ダンス企画に向けて、マイナス14kgのダイエットに挑戦した記録を公開しています。

 

芸人になってから何も気にせず生活していたらあれよあれよと言う間に
59キロまで太ってしまっていたキンタロー。

 

と、ビーチを背にする写真を掲載。しかしこの写真を撮影した年に社交ダンス世界選手権で日本代表を務めることが決まり、ダイエットを決意することに。続いてアップされた45kgの肉体は圧倒的な美スタイルで、キンタロー。さんも「ちょっとした衝撃画像ですよ」と驚いていました。

 

キンタロー。さんがまず挑戦したのは、「ビリーズブートキャンプ」。毎日60分1セットをやると決めたキンタロー。さんは、まずレンタルスタジオを予約するところから始めたそう。その理由について、

 

この頃自分でセルフトレーニングする癖がなかったので 家だとなんだかんだでやらずに1日終わってしまう。
レンタルスタジオを予約してしまえばあとに引けなくなるからでございます。

 

と解説。「自分自身であとに引けなくなるシステムを作り出す」のがダイエットの秘訣だと綴っていました。

 

最後の追いこみはハードなダンスレッスン!


欠かさずビリーズブートキャンプをこなしたキンタロー。さんは、1週間程度で2kg減。しかし59kgから55kgまで順調に落ちていた体重が、3週間目にピタっと減らなくなったのだとか。「何か新たなものを導入しなければ」と焦ったキンタロー。さんは、なんとブートキャンプの回数を1日2セットに変更。「相当なトレ好きのMじゃないと本当に辛い」という60分コースを2セットということで、

 

嫌すぎて泣きながらやってた日もありましたwww
(何やってるんだ私は的な)

 

と当時の心境を明らかにしたキンタロー。さん。それでも続けるうちに汗が出やすくなり、体重が53kgまで減って大喜びしていたそうです。

 

そのまま自己流で頑張っていたキンタロー。さんですが、2回目の停滞期に陥った時はパーソナルジムに申し込んでアドバイスをもらっています。自己流の時にはやらなかった食事制限を導入し、ついに50kgに到達。イタリアのダンス合宿で少しリバウンドしてしまい、追い込みの糖質制限と週4~5回のハードなダンス練習を重ねたといいます。その結果ついに、45kg・体脂肪率15%の美ボディで世界選手権に臨めたと喜びを語りました。

 

ダレノガレ明美さんは「しっかり食べて、しっかり運動」


美しいボディラインを持つモデルのダレノガレ明美さんも、厳しいダイエットに臨んでいた過去があると明かしています。ダレノガレさんが2017年に公開した「デブ時代の写真」に写っている姿は、今とはまったく違った大きな体。投稿された画像には

 

恥ずかしくないよ。このときがあったらこそ今がある。
今体を大切にしてあげているのもこの時代があったから。
この時代に戻らないように毎日努力する。

 

と、美容にかける情熱が伺えるコメントを添えていました。筋肉をつけるためのトレーニングに取り組むダレノガレさんは、「ただ痩せてれば綺麗! という時代は終わり!」と語ります。

 

しっかり食べて、しっかり運動して
付けるところにしっかりお肉つけて女性らしい体にしなきゃね!
間違ったダイエット、間違った考えはせずにしっかりとした運動を!

 

と、食事をとりつつしっかり運動する方法を紹介。キツいトレーニングもこなしつつ、ラーメンやマクドナルドにもたまに行くそうです。無理な食事制限をせず、毎日コツコツ努力する健康的なボディメイクをおすすめしていました。

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る