注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「人間腸が大事」元日本代表・鈴木啓太さん 頭に残る母の言葉

美容

2019.06.08

インタビューに答える鈴木啓太さん

2015年まで16年間浦和レッドダイヤモンズでプレーし、日本代表としても活躍した元サッカー選手の鈴木啓太さん。引退発表時にビジネスの世界へ入っていくことを表明していましたが、現在、彼が取り組んでいるのが「腸内細菌」。しかもそれが、アスリートだけでなく、私たちや子どもにとっても大切なんだとか。でもいったいどういうことなの?2児の父親でもある鈴木さんに、お話を伺いました。

 

現役時代もお腹でコンディションづくり


「腸内細菌」や「腸内環境」が体にとって大切だということはなんとなくわかっているのですが、私たちに直接どんな影響があるのかお話を伺えればと思います。

まずは鈴木さんが立ち上げた、腸内細菌を解析・研究する会社「AuB」でどんな取り組みをしているのか、教えてもらえますか?

 

鈴木さん:

私たちの腸の中には100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が住んでおり、この様々な腸内細菌が生息している様子は「腸内フローラ」と呼ばれています。

「AuB」ではこれまで、野球やサッカーなど27の競技のトップアスリートの便から腸内フローラを解析し、アスリートのコンディション維持やパフォーマンスの向上をサポートしてきました。さらにこの4月からは、一般の方に向けた腸内フローラの検査サービス「BENTRE(ベントレ)」も発売しました。

これからは研究成果を元に、さらなるプロダクト展開をしていこうと思います。

 

その「BENTRE(ベントレ)」って、具体的にはどんな商品なんですか?

 

鈴木さん:

「BENTRE(ベントレ)」とは、腸内フローラ検査と食生活の分析をもとにパーソナライズした「コンディションサポートサービス」です。

検査キットを購入し、便のサンプルを送っていただくことで、我々が腸内フローラの状態を解析します。

その分析結果と提出いただく食事の記録を元に、お客様が抱えている健康面での課題、例えば太りやすさなどについて、管理栄養士などがアドバイスを行うというものです。

よい食事についての情報は世の中にあふれています。ただそれを自分ごとに捉え、実際行動につなげるのはすごく難しいですよね。

でも「BENTRE(ベントレ)」を通して自分の腸内の状況が知れれば、行動変容のきっかけになるのでは、思っています。

今のところは、健康志向の方やスポーツをやられている方からの申し込みが多いです。

腸内フローラの分析だけでなくアドバイスも行っているため、腸内環境改善のために何をすべきか分かりやすいと評価していただいています。

腸内フローラ解析サービス「BENTRE」

確かに、腸内環境は大事だと言われても、その状態は人それぞれ。個々の状態に即したアドバイスがもらえれば、結果にも結びつきそうですね。

サッカー選手から健康分野への転身は少し意外な印象もありますが、鈴木さんはなぜ腸内環境に注目したのでしょうか?

 

鈴木さん:

子供のころからずっと、母に「人間は腸が大事だ」「自分が出したうんちを見なさい」と言われていて、食事にも気を使ってくれていたので、腸のことは頭に染みついていました。

お母さんたちは、赤ちゃんの健康状態を把握する時にまずうんちを見ますよね。だんだん子供がしゃべれるようになってくると便を見なくなるけど、便って、文字通り自分からの「お便り」で、成績表みたいなものなんです。

母親はここまでしっかりと説明していたわけではありませんが、僕は高校生のころから腸内細菌のサプリメントを飲み、現役生活ではお腹にお灸をして温めたり、ご飯の最後は暖かい緑茶を飲んだりとお腹でコンディションをつくってきました。

なので、便から腸内細菌が調べられると聞いて、アスリートを調べたら面白い、と自然と思いました。

 

インタビューに答える鈴木啓太さん

まずは自分の体を知ることから


便は自分からのお便り…!確かに、赤ちゃんのうんちはきちんと見るのに、いつしか見なくなりますね。体からのメッセージをきちんと受け止めていなかったかもしれません。

自分の健康状態を知るためにも腸ってやっぱり大事なんですね。

 

鈴木さん:

私たちは、食べ物を口から入れて肛門から出しますよね。その間、胃などで消化した食べ物の栄養を吸収するのが腸の役割です。

腸に住む様々な種類の腸内細菌がこの栄養を食べて活性化し、体内に吸収します。

無菌のマウスと普通の腸内細菌を持っているマウスを比較した実験では、身体の大きさ、繁殖力などで普通の腸内細菌を持っているマウスが上回っていますし、無菌のマウスは落ち着きがなく、よくケンカをするという結果も出ているんです。

 

心身ともに腸内細菌が影響を及ぼしている可能性があるんですね。普段の食生活で、私たちが心がけるとしたら、どんな点が挙げられますか?

 

鈴木さん:

やっぱり食事だと思います。でも、食べている物の内容やタイミングに気を配っている人がどれだけいるのかな。特に外食が多いと、本当の意味で何を食べているのかは把握していないでしょう。

こういう食事が良い、この栄養素が大事というベースはありますが、腸の環境は人それぞれなので、本当に何が合うかはわかりません。

だから、まずは便を確認して自分の状態を確認しながら、バランスの取れた食事を心がける。

腸内細菌も多様性が重要と言われているので、いろんな種類の素材を取り入れることですかね。

 

インタビューに答える鈴木啓太さん

事業を通して、スポーツを文化に


一般向けのサービスを開始したことがひとつの節目にもなるかと思いますが、今後の目標を聞かせてください。

 

鈴木さん:

アスリートたちはすごく一生懸命、食や健康にこだわってコンディションを作っています。そのある意味とがったデータを研究して得られることは非常に多い。

それを今後も一般の方の健康に役立つサービスに落とし込んでいきたいと思います。

また僕としては、「企業スポーツ」や「体育」としてとらえられてきたスポーツを、「文化」にしていきたい。

高齢化が進む中でヘルスケアを考えた時にも、子どもの教育を考えた時にも、スポーツは必ず絡みますし、センターピンになりうると思うんです。

スポーツを見に来て楽しんでもらうだけでなく、そのアスリートたちから得たデータが一般の方の健康にも生かせたら、みんなのスポーツを見る目が変わり、社会的な地位がもっと高まっていくはず。

なので、単なるビジネスではなく、スポーツラバーの人や社会の課題を解決できるような事業をやっていきたいと考えています。

 

思っていた以上に、腸の状態を整えることは健康に直結しているんですね。

もっと、腸のことを詳しく知りたい!後編の「「腹の虫がおさまらない」あなたのストレスは腸内環境の乱れが原因!?」では、腸に関する身近な疑問に答えて頂きます!

 

PROFILE 鈴木啓太さん

鈴木啓太さん


AuB(オーブ)株式会社代表取締役社長。元サッカー日本代表。「腸内細菌をベースにアスリートのコンディションをサポートし、スポーツ界に還元したい」との想いから同社を設立。これまで解明できなかった一流アスリートの便の傾向を解析し、コンディショニングコントロール法の確立を目指す。また、その知見を一般の方々の健康にも還元すべく、プロダクトやサービス展開を行なっている。腸内フローラ検査サービス「BENTRE(ベントレ)」の詳細・購入はAuBのHP(https://aub.bentre.jp/aub/login)にて。

 

取材・文/小西和香 撮影/菅井純子

 

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る