コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママたちの「ほうれい線対策」やってる場所は意外にも…一人になれるあそこ!

美容

2020.06.02

くっきり目立つと、一気に老けて見えてしまう「ほうれい線」。マッサージや舌の運動など、やっぱりママたちは工夫して、いろんな対策をしていました。そしてその場所はというと…意外にも「トイレのなか」という声が多数! こっそりどんなことをしているのか、聞いてみました。

 

PIXTA/kou

トイレタイムは筋マッサージ(麗奈さん/31/事務員)

 

私はもともとちょっと油断するとお肉がついてしまうタイプ。なので日ごろから、軽い運動は心がけています。身体を動かしていても、意外とおろそかになるのが顔の筋肉。

とくにアラサーになって気になるのは、目元のたるみ、目尻や目頭。最近は頬にもハリが少なくなってきたように感じていて、(ほうれい線も目立つようになるのでは!?)と心配になってきたんです。

そこで私が始めたのは、「トイレに行くとき、必ず気になる顔の部分をマッサージする」こと。ほうれい線の部分を中指と薬指と親指でつまんで、ぐりぐりほぐすマッサージをしています。

笑顔のほうがつまみやすいですよ。それから顔のサイドを両手ではさんで、フェイスラインをぐーっと引き上げて、10秒ほどキープ。そのままの状態で口を開けて、深呼吸をする。これを、トイレに座ってやっています(笑)。

1回にすればちょっとだけですが、トイレは一日何回もいくので、塵も積もれば…で、ほどよい顔のエクササイズになりますよ!

 

 

>>NEXT 鏡を使って「あいうえお」

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【お悩み】その他の記事

お悩み
もっと見る