コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

老け顔防止には、茶色の眉が鉄則! 〝いまどき愛され眉〟色と形&立体感のポイント

美容

2020.05.18

明るい茶色のペンシルで、眉のアンダーを塗っていく

 

赤松さんによると、「色選びにも注意が必要」なのだそう。35歳以上の女性では、かつてのメイクの法則で〝髪と同系の色〟を選ぶ人もいます。

でも黒やグレーでは色が強すぎ、顔が怖く見えてしまいます。髪の色に関係なく、「明るい茶色を選ぶ」ようにしてください。それではさっそく、正しい描きかたを見てみましょう!

 

1.眉ペンシルでアンダーを描く

眉頭から眉尻にかけて、眉の下側を太めのペンシルでなぞっていき、土台をつくります。眉頭側はしっかり塗ると怖く見えるので、淡く描く程度で十分です。

全体の形はなるべく鈍角に。もとの眉の形が鋭角な人も、眉山を強調させず、下側をフラットに近いラインで描いていきましょう。

長すぎても短すぎても時代遅れに見えるため、目尻の位置まで描くのを基本とします。

 

 

2.すき間をパウダーで埋める 

ペンシルだけでは薄く見える部分を埋めていきます。細いブラシにパウダーをとり、毛の薄い部分に、ちょんちょんとのせます。

塗りつぶそうとすると力強くなりすぎるので、「わずかに足す程度」で十分です。

 

 

3.スクリューブラシで仕上げる 

眉ペンシルに付属のスクリューブラシで、下側から上側に向けて、こまかくブラッシングします。これで全体がぼかされて、塗った色が自然になじみます。 

 

 

>>NEXT 眉の「黒さが目立つ」ときの対処法

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る