コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大人のアイメイクこそ、ハイライトカラーが必須!! ベージュの中間色で抜け感をプラス

美容

2020.05.20

若いときのメイクのままだと、違和感が大きいのがアイカラー。明るく鮮やかな色は浮いてしまうし、かといってダークカラーばかりでは、もっと老け顔になってしまいそう。

そこで、35歳以上の女性がいま覚えるべきアイカラーの正しい選びかた、塗りかたを、ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さんに教えていただきました。

 


《取材協力》赤松絵利さん
ヘアメイクアップアーティスト。ヘアサロン「ESPER」オーナー。〝自分らしいかわいい顔、自分らしい美人顔〟を追求し、蒼井優、綾瀬はるかほか、多くの女優やモデルなどのヘアメイクを手がける。テレビ、舞台、雑誌、広告など多方面で活躍。著書に『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書 自分に一番似合うメイク&ヘアがひと目でわかる』(講談社)がある。

 

くぼんだ顔に「ブラウンメイク」は逆効果

 

「私たちの顔って、年齢とともに、自然とくぼんできてますよね。最終的には骸骨になるわけですが、その形状にちょっとずつ近づいていってる。これは自然のなりゆきですから、しかたありません。

でも、くぼみがもっとも目立つアイホールの部分に、ブラウンのアイカラーを塗ったらどうなるでしょう? くぼみがいっそう際立って、老け顔になってしまうんです。

大切なのは、加齢による陰影を消したうえで、メイクで陰影をつくること。まずはブラウン中心のアイメイクを変えることから始めましょう」(赤松さん)

 

PIXTA/Almaje

 

化粧品メーカーのパレットは、必ず「ハイライトカラー」「中間色」「ダークカラー」で構成されていますよね。これは、女性を美しく見せるための研究を重ねた結果。ちゃんと意味があるのだそうです。

パレットの製品を使っているときに、「ハイライトカラーが余る」「ブラウンが最初になくなる」人は注意が必要。

もっとも多くの面積を占める「ハイライトカラー」をしっかり使い、3色同時になくなるよう、バランスを考えて使っていきましょう。

 

>>NEXT 大人女性に似合うアイカラー「正しい色選び」

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る