注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ワセリン」の保湿力で〝パサつく髪がしっとり〟話題のヘアケア法を紹介!

美容

2020.04.20

髪を洗った後の「アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)」では、主にヘアオイルやヘアミルクが用いられますが、最近では、あのおなじみの「ワセリン」を使ったヘアケアが話題になっているのをご存じでしょうか? コスパもよく、効果も上々! 家族みんなで一緒に使える「ワセリン」のヘアケア法をご紹介します。

髪のケアにワセリンを使うべき理由

 

iStock/lenshiker

 

「ワセリン」は、石油由来の保湿剤のひとつ。ワセリンのなかでも純度別に名前が分かれますが、今回は一般的に市販されているワセリンでのヘアケアについてお話ししていきます。

塗った面に密着して、フタのように覆う特徴があるワセリンは、軟膏のように保護と保湿に効果的とされています。そのため、次のような状態の髪に、高い保湿効果が望めるといわれています。

●ブリーチ毛などのパサつく髪の毛
●乾燥が気になるエイジングヘア

 

ワセリンは無香料無着色や防腐剤不使用の製品も多いので、匂いや刺激も少なく、スタイリング剤としての使用もできるのも特徴です。

 

 

>>NEXT 「ワセリンヘアケア」おすすめしたい3つの活用法

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【ヘアケア】その他の記事

ヘアケア
もっと見る