コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

肥満予防にヨーグルト…と手を伸ばす人が知らない効果的な食べ方

美容

2020.06.03

バナナ×ヨーグルトは花粉症にも効果的!?

ヨーグルトは、「夕食前」に「温めて食べる」と効果的だということがわかりました。さらに番組では、肥満予防効果がさらにアップする「おからヨーグルト」を紹介。おからに含まれている豊富な食物繊維は乳酸菌のエサとなり、脂肪燃焼に効果的だと言われる“短鎖脂肪酸”を生成します。

 

作り方は「おからパウダー2:無糖ヨーグルト8」の割合で混ぜるだけ。混ぜる際はヨーグルトを温めてからミックスさせます。お好みでベリー系のジャムを混ぜると、より美味しくいただけますよ。

 

バナナ、キウイ、たまねぎも食物繊維が豊富なので、ヨーグルトと一緒に食べると良い食べ物。工藤先生は「バナナとヨーグルトの組み合わせはバナナもヨーグルトも免疫活性作用が期待できるので、花粉症予防やインフルエンザ予防にも役立つことがわかっています」とコメントしていました。

 

これらの活用術を試してみた視聴者も多く、SNSなどには「ヨーグルトは夕食前に食べるのがいいのか! またヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルト作ろうかな」「ホットヨーグルト神! 食べ始めてから少し便秘が改善した気がする。今度からおからも入れて食べてみよう」といった声が。

 

ちなみにヨーグルトを中心とした食生活は、すぐにやめてしまうと腸内環境が戻ってしまいます。最低2週間から1カ月は続けてくださいね。

 

>>NEXT ヨーグルトはダイエットの強い味方!

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【ダイエット】その他の記事

ダイエット
もっと見る