寝る前に、簡単ストレッチで体をほぐす

145-1

たっぷり寝たはずなのに睡眠不足のような気がしたり、布団に入ってもすぐに寝つけないときなどは、体に疲れが残っているかもしれません。ぐっすり睡眠をとることで、体の疲れをとることができます。

そんなときはストレッチがおすすめです。寝る前に布団の上でほんの少しストレッチをするだけで、心と体をリラックスさせ、ゆっくり眠りにつけます。そこで横になったままできる簡単ストレッチについて、紹介していきます。

■ストレッチの効果

寝る前にストレッチを行うと、一体どんな効果が期待できるのでしょう。

・デトックス効果

ストレッチは体の疲れをとり、筋肉の緊張をゆるめる効果があります。寝る前にストレッチすることで、その日の疲れや老廃物をデトックスしてくれる効果が期待できます。

・活動的になる

ストレッチは動的ストレッチと静的ストレッチの2種類ありますが、布団の上で行うストレッチは静的ストレッチで、ゆっくりとした動きや呼吸で筋肉を伸ばすので、翌日に疲れを持ち越す心配もありません。

寝る前にストレッチを行うことでぐっすり眠ることができ、翌日スッキリ起きられます。疲れもとれて筋肉の状態も整っているので体が軽くなり、翌日は活動的に行動することができます。

・上質な睡眠をとれる

寝る前のストレッチは筋肉と関節を呼吸を整えながらゆっくり伸ばすので、リラックス効果が高いとされています。筋肉を伸ばすことで血行もよくなり、自然と睡眠を促してくれます。

・体が柔らかくなる

ストレッチは普段使わない筋肉や関節を動かしますので、全体的に体が柔らかくなってきます。

・美容効果が期待できる

22時から2時までは体の細胞が自己再生を行う時間です。寝る前にストレッチをすると代謝が高まり、体の細胞を修復する効果を上げてくれます。肌や髪の毛、筋肉などにも作用しますので、アンチエイジング効果が期待できます。

・ダイエット効果

ストレッチは筋肉の状態を整え、基礎代謝を高めてくれます。基礎代謝が高まるとエネルギーを多く消費することができるので、ダイエット効果が期待できます。