2019.02.27

ベッドVS布団…部屋の狭さと片付けの手間、どっちをとる!?

20190205huton01普段の生活を充実させるなら、やはり睡眠にはこだわりたいところ。そこで重要になってくるのは、寝具選びではないでしょうか。今回は、永遠のテーマとも言われる「ベッドと布団どちらがいいか?」という論争にスポットを当ててみましょう。

 

「ベッド派VS布団派」の主張!


事の発端は、近々引っ越す予定だという女性の相談。次の家でベッドにするか布団にするかを悩んでいる彼女は、ネット上でおすすめを尋ねます。あくまでアドバイスを求めただけだったのですが、なぜか「ベッド派VS布団派」の構図で熾烈な論争が繰り広げられることに。

 

ベッド派からは、「ベッドは敷布団と違って底冷えしない。冬も快適に寝たいならベッドにするべき!」「布団だと片づけたり準備するのが面倒では? ベッドなら帰ってきてすぐに飛び込めるよ」「ベッド下に収納スペースを作れるのが一番のポイント! 引き出しつきのベッドも売ってるので、利便性も高いと思う」などの意見が上がります。

 

一方で布団派も、「ベッドは掃除する時ものすごく不便。隅々までキレイにできないから、ホコリも溜まりやすくなる」「間違いなく敷布団の方が寝心地が良い。自分はマットレスの不自然な弾力が苦手」「もしも再び引っ越すことになったら、ベッドの処分は手間がかかるよ。手軽さを考えたら敷布団の方が優秀」と一歩も譲りません。

 

確かに人それぞれ好みは分かれますよね。しかし実際は、部屋の間取りや広さなどを考慮して選ぶ必要が出てくるはず。世間の人たちは、どんな理由で寝具を選んでいるのでしょうか。

 

>>NEXT 重要になってくるのは部屋の広さ?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。