2019.03.18

<肌タイプ別>ファンデーションの選び方

スティックファンデーションの画像

同じファンデーションを使っていても、メイクのノリが悪いと感じることってありませんか?もしかして、それは使っているファンデーションが合っていないのかもしれません。自分の肌タイプに適したファンデーションを使っていないと、ファンデーションが浮いて見えたり、すぐに崩れてしまうことがあります。自分の肌タイプに合ったファンデーションを選んで、メイクの悩みを解決しましょう!

■乾燥肌向けファンデーションの選び方

乾燥肌は肌がカサカサしたりかゆみを感じる、洗顔すると肌がつっぱる、粉をふくなどの症状が見られます。ファンデーションを塗っても浮いてきたり、粉をふいたりしてしまって、苦手意識のある方も多いかもしれません。また、パウダーファンデーションを塗るとかえってシワが目立つこともあります。

乾燥肌の方は、肌の皮脂と水分が不足しているので、表面がカピカピに乾いている状態です。そこにファンデーションを塗ってもうまく密着せず、浮いたり粉をふいてしまうことになるのです。

乾燥肌の人は、保湿成分がたっぷり含まれているファンデーションを選ぶのがおすすめです。ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているもの、またはミネラルファンデーションのように、肌に優しい成分のファンデーションを選びましょう。

パウダーファンデーションは肌から水分を奪ってしまうので、あまりオススメしません。リキッドタイプやクリームタイプを選ぶほうが良いでしょう。

乾燥肌の場合、ファンデーションを選びも大切ですが、それよりもベースとなるスキンケアをしっかり行っておく必要があります。

ファンデーションを塗る前に乳液やクリームなどを塗ってたっぷり保湿しておき、それからファンデーションを塗ると、キレイに保つことができます。

■オイリー肌向けファンデーションの選び方

オイリー肌は顔全体がベタついたり、テカって見える、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを起こしやすいといった特徴があります。

オイリー肌の人がファンデーションを塗ると、皮脂で浮いてしまったり、すぐに崩れてしまう傾向が強いようです。

オイリー肌の人がファンデーションを選ぶ場合、油分が少ないものを選ぶことがポイントです。クリームタイプやリキッドタイプは油分が多いので、皮脂が毛穴につまる原因となり、ニキビや吹き出物などを引き起こしてしまうことも考えられます。

オイリー肌に向いているファンデーションは、やはりパウダータイプです。パウダーファンデーションは油分も少なく皮脂を吸収してくれるので、オイリー肌に向いています。

固形タイプのファンデーションも油分が少ないので、オイリー肌向けです。固形ファンデーションは、水ありと水なしの両方を利用できるものがあり、水を使うとしっかり肌に吸着し、化粧崩れを防げます。

しかし、オイリー肌だからとメイク前のスキンケアを怠ってはいけません!テカるからといって、保湿ケアをしない人もいますが、皮脂が出るのは水分が不足しているから。

失った水分を補おうと皮脂がよけいに分泌されますので、保湿ケアをしていないとさらにテカることになります。保湿ケアをしっかり行えば、べたつきやテカりを抑えることができます。

 

■混合肌向けファンデーションの選び方

混合肌は肌のタイプが混在しており、普通肌とオイリー肌、オイリー肌と乾燥肌、乾燥肌と普通肌といったように、いろいろなタイプの肌質が合わさっています。

額から鼻、顎にかかるTゾーンだけテカるけども他は乾燥しているケースが多く、紫外線や空調が原因となることが多いようです。

混合肌の場合、Tゾーンだけ皮脂が目立ったり、Tゾーン以外がカサカサしているなどの症状が表れます。そのため、どんなファンデーションを選べば良いか、頭を悩ませる人も多いようです。

混合肌だとオイリー肌部分ばかり気にしがちで、ついオイリー用のファンデーションを使う人も多いようですが、オイリー肌でも乾燥肌でも大切なのは保湿です。

肌に充分な水分を与えて逃がさないように保湿することで、余分な皮脂が分泌されなくなります。

混合肌の人がファンデーションを選ぶ場合、面倒でもパーツごとで決めると良いでしょう。Uゾーンはリキッドタイプを、額や鼻、顎はパウダータイプを使用するようにすると、肌への負担も抑えられます。

全体にリキッドタイプやクリームタイプを使用するなら、ファンデーションを塗ったあと、Tゾーンにフェイスパウダーを塗るとメイクも崩れにくくなります。

111-2

■敏感肌向けファンデーションの選び方

肌にトラブルが起きやすい人は、敏感肌かもしれません。化粧品をつけると赤くなったり、日焼けをするとヒリヒリする人なら、敏感肌の可能性が高いでしょう。アトピーや花粉症などのアレルギーをもっている場合も、同様です。

敏感肌の人は、化粧品に含まれる化学成分で肌トラブルを起こすことがありますので、なるべく無添加のものやオーガニック成分のファンデーションを使うことをおススメします。

クリームタイプやリキッドタイプはパウダータイプより含まれている成分が多いので、敏感肌の人はナチュラル成分のミネラルファンデーションやパウダータイプが向いているといえるでしょう。

クリームタイプやリキッドタイプはカバー力が強いのが魅力の一つですが、落としにくいので洗浄成分の強いクレンジングや洗顔を使用しなくてはなりません。敏感肌の人にとっては、肌の負担が大きくなるので避けておいたほうが無難かもしれません。

■タイプ別ファンデーション選びのまとめ

肌タイプ別のファンデーションの選び方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。肌の状態は年齢や季節によって変わりますので、そのときに適したファンデーションを選ぶようにしてくださいね。