2019.02.19

<韓方医キム・ソヒョン先生>玄米カイロ「おしり温活」で冷え負債を改善!

「おしり温活」って何?

韓国に行った方ならご存知かもしれませんが、会陰周辺をよもぎの葉を燻して座るという「よもぎ座燻療法」という伝統の温熱療法があります。「おしり温活法」は、この療法と同じ効果が期待できます。

スクリーンショット 2019-02-15 15.25.36

「会陰は私たち人間にとって、いわば主電源。そこを温めることで、体全体の循環を促すことができます」。

会陰を温める=「おしりスイッチを押す」ことで体全体を整え、健康と美を保つ方法が「おしり温活」なのです。

 

どこを温めればいいの?

 「会陰は文字どおり、体の中のすべての〝陰気が会う〟場所であり、集まる場所。人間にとって大切なポイントなのです」

でも会陰がどこにあるのか、正しい場所を把握していますか? まずは下記の図で確認してみましょう!

 スクリーンショット 2019-02-15 15.25.56
▲膣と肛門の間(2〜3㎝)の真ん中が「会陰」

 実際には、床に鏡を置いてまたぎ、映して確認しましょう。隠れた場所なので普段はあまり意識することはありませんが、不調のときは触ると痛みを感じたり、ハリがないという症状が出ることもあるそうですよ! 

≪ BACK 1

2

3 4 NEXT ≫