2019.06.18

日本にも上陸!車酔いが治るメガネが世界で1万5000個以上の爆売れ中

車酔いを克服するには?


「SEETROËN リラクゼーションメガネ」をかけなくても、車酔いを克服する方法は様々。そこでここからは、車酔いの対処方法を紹介していきましょう。

以前放送された『所さんの目がテン!』(日本テレビ系)では、「ドライバーと動きを合わせる」という方法を紹介。自分がドライバーになった気分で車に乗ると、車に酔いにくくなるそうです。

 

東京厚生年金病院の石井正則さんによると、そもそも車酔いは「三半規管などの内耳で捉えたカラダの傾きと目が捉えたカーブの傾きのズレ」が脳の混乱を招いて起こるもの。例えば助手席や後部座席に座っていると、カーブに差し掛かった場合進行方向とは反対方向に体が傾くので脳が混乱してしまいます。

 

また同番組には、酔ってしまった後の対処法も登場。石井さん曰く吐き気を感じている時は“副交感神経”が優位になっているので、瞬間的に汗を大量にかき“交感神経”を活発化させるとよいそうです。そこで番組が用意したのは、激辛食材の定番“唐辛子”。船酔いをした人たちに食べさせたところ、全員の吐き気が収まっていました。

 

>>NEXT バスや船の酔いにくい座席はどこ?

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。