2019.04.23

メタボ解消法は食事にアリ!明日からできる簡単対策

メタボ気味なのにラーメンを食べる夫の画像

年齢とともに体重が増えやすくなり、太りやすくなってしまうのはある程度仕方ないこと。でも、旦那さんがメタボと診断されるのは避けたいものです。

メタボになると、糖尿病や痛風といった生活習慣病のリスクが高まり、健康に支障をきたします。妻としては、なるべく早く夫の健康を考えて解消させたいものです。

今回は、メタボ気味な旦那さんのためにできる簡単な解消法をレクチャーします!

■メタボ解消法その①大きな目標をたてない

体重が増えてきている場合、見て見ぬ振りはNG。特に、結婚した当初より、10キロ20キロ太った場合は要注意です。

しかし、増えるのは簡単でも、痩せるのはそう簡単ではありません。

不規則な生活や加齢で代謝が落ちているので、昔のように極端な減量やダイエットでは逆に健康に支障をきたしてしまいます。短期間で無理に体重を落とそうとせず、長い目でコツコツと体重を落とすことが大切です。

絶食や激しい運動で体重を落とそうとするのではなく、まずは食事制限や運動などで、まずは2~3キロ落とすことを目標に設定しましょう。それを 数ヶ月かけて繰り返すことによって、健康的な体型に戻って行くはずです。

 

■メタボ解消法その②外食ランチをお弁当に代える

メタボ気味の旦那さんにお弁当を渡すママの画像

適度に運動して体重を落とすことが一番理想的ですが、会社と自宅を往復する毎日だと、運動をする時間すらとれない場合もあります。

会社の付き合いで飲みに出掛ける機会が多い旦那さんだと、なかなかダイエットを実行するのは難しいかもしれません。

日頃、お昼ご飯を外食で済ませている場合には、手作りのお弁当に変えてみるのも一つの方法です。

一般的な外食だと、野菜の摂取量が少なくボリュームのある場合が多いので、カロリーコントロールが困難ですが、お弁当であれば栄養バランスを考えて作ることができるため、偏食やカロリーオーバーも防げます。

野菜だけでは空腹を満たすことが難しいかもしれませんが、野菜炒めや挽肉に豆腐を混ぜたハンバーグなど、ボリュームを意識したおかずも作れば、お弁当だけでも十分満足するのではないでしょうか。

■メタボ解消法その③メニューを見直す

夫や子供の好物ばかり作っていたら、毎日高カロリーなメニューばかりになっていた…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。「手料理が美味しすぎてつい食べ過ぎてしまう」なんて主婦冥利に尽きる言葉ですが、メタボになってしまうのは考えものです。

また、家計を優先して、栄養バランスを二の次に食材を購入していると、いつの間にか毎晩のようにメインのおかずが「お肉」になってしまう危険性も。

夫のメタボ対策を意識するなら、一日の栄養バランスとカロリーを考え、メニューを決めるようにすることも大切かも知れません。

揚げ物や炒め物はカロリーが高いですが、男性が好きなメニューでもあります。とはいえメタボ解消のためには、揚げ物はなるべく控えた方がいいとされています。

それでも、夫は揚げ物が大好きで……。という場合は、調理方法に工夫をしてみると良いでしょう。

揚げ物はパン粉をつけてオーブンで焼くと、まるでサクサクの揚げ物のように仕上がりに。炒め物は油を使用せず、お肉から出てきた余分な脂をこまめに拭き取るようにすると、カロリーを抑えることができます。

無理に食事の量を減らすと夫の精神的な負担も大きくなり、リバウンドしてしまう危険性も…。野菜の量を増やす、白米の代わりになるものを増やすなど、工夫していきましょう。

メタボの人が白米を食べる画像

■メタボ解消法その④食べ順を考える

好きなおかずから食べる傾向がある場合、食べる順番を変えてもらうようにアドバイスしてみるのも良いでしょう。

血糖値が急激に上がると脂肪がつきやすくなるため、最初はサラダなどの野菜を摂取し、その次に汁物、次にお肉や魚、最後にご飯を食べるように変えるのもメタボ解消法の1つです。

野菜から摂取すると血糖値がゆるやかに上がり、糖質を脂肪に変えるのを防いでくれます。また、野菜や汁物でお腹が膨れるので、食べ過ぎの予防にもつながります。

■メタボ解消法その⑤続かない運動はしない

メタボ気味の夫のウエストの画像

普段から体を動かす習慣が無い方が、急にジョギングや筋トレなどを始めると、長続きしにくい傾向があります。

無理なく続けていける運動を選ぶほうが、結果的に筋肉量を増やし、代謝を上げるのに役立つのではないでしょうか。

毎日のウォーキングやストレッチなど、体に負担の少ない、軽い運動を取り入れると継続することができます。

ウォーキングの時間を確保するのが難しい場合には、会社へ向かうときに一駅前から降りて歩くようにする、帰るときもひと駅前に降りて歩くなど、ちょっと心掛けで体は変わってくるものです。

また、ストレッチはテレビを見ながらでもできますので、帰宅後にのんびりしている時間に夫婦で一緒にストレッチをするように習慣づけると、太りにくい体づくりができるのではないでしょうか。

■メタボ解消法まとめ

太ってきた夫のメタボ解消法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

夫ばかりにダイエットを強いても、なかなか続かないことも考えられます。

中々やる気がおこらないようなら、夫婦でダイエットを始めてみるのはいかがでしょう。お互いに目標を持ってダイエットすると、競争心が芽生え、夫のやる気に火がつけることもできるかも知れません。

夫が体重計にのり、成果がみられた際には、是非、褒めてあげてください。妻が褒めることで、さらにダイエットに励んでくれるに違いありません。