2019.02.12

10キロ減も夢じゃない!働くママのダイエット法

■体重計に毎日乗る

自宅に体重計があっても、毎日のように計る習慣をつけている人は少ないのではないでしょうか。アメリカとフィンランドの研究結果によると、体重ははからないと増えていくそうです。

毎日体重を計っていても、100グラム~200グラム程度の増減はあります。体重が増えているなら、その日は歩く量を増やす、食事の量を少し減らすなどコントロールすれば、すぐに元の体重へ戻すことができます。

体重が減っているなら、翌日はそれより体重が減るようにコントロールしていくと、少しずつ体重を落とせることでしょう。

デジタル式の体重計は100グラム単位から体重を計れますので、ダイエット目的で体重計に乗る場合は、デジタル式を用意しておきましょう。

■ながらスクワットでダイエット

スポーツクラブやジムに通わなくても、自宅で運動をすることは可能です。運動する時間をわざわざ作らなくても、普段の生活の中に運動を取りいれることはできます。

運動の中でも、特に効果があるといわれているのがスクワットです。家事や子育てをしているときにスクワットを行うことができますので、時間のないママにおススメのダイエット方法です。

たとえば歯磨きをしながら、テレビを見ながら、料理をしながら、子どもを抱っこしながらというように、いろいろなシーンでスクワットをとりいれることができます。

椅子に座って立ち上がることを繰り返すだけでも、立派なスクワットになりますので、うまく日常にとりいれましょう。

■ドローインでウエストを引き締める

呼吸をするだけで痩せられるダイエット法があるのをご存じでしょうか。呼吸を意識して行うドローインというダイエット法で、お腹を引っ込ませた状態で呼吸をすることで、腹斜筋や腹横筋を中心に、お腹の筋肉を鍛えて行く方法です。

ドローインは立った姿勢や仰向けで行いますので、髪の毛を乾かしているときや歯磨きをしているとき、起床時や就寝する前に布団の中でというように、いつでも実践することが可能です。
お金も時間もかからないので、ダイエットにはお金をかけたくないというママにぴったりですね。

ドローインは姿勢をまっすぐのまま大きく鼻から息を吸い、お腹をふくらませます。息を止めてお尻に力を入れて、ゆっくり息を吐きながらお腹を引っ込ませます。そのままの状態で30秒ほどキープします。これを1日5回から10回ほど繰り返します。

ドローインはいつでもどこでも実践できますので、通勤中の電車の中やテレビを見ているときなどいろいろな場所でできるので、働くママにおすすめのダイエット方法です。

■まとめ

忙しくてダイエットをする時間のないママも、普段の生活の中ちょっとした工夫をとりいれるだけで、ダイエットを実践できます。毎日継続することで結果が出てきますので、3日坊主にならないよう、頑張って続けましょう。

≪ BACK 1

2