2019.01.20

今使ってるパフ、ちゃんと清潔ですか?パフの正しいお手入れ方法

117-1

女性のメイクに欠かせない「パフ」ですが、お手入れを怠ると、雑菌やダニが繁殖しやすいアイテムだということをご存知ですか?

きれいになるためのメイクアイテムで、実は顔にトラブルの原因をまき散らしているとしたら……非常に残念なことですよね。

メイクで使用する機会も多いパフですが、具体的にどの程度の頻度で、どのようなお手入れが必要なのかについては、「よく知らないから適当にやっている!」なんて方も多いのではないでしょうか。

パフを清潔に保つため、意外と知らない基礎知識を紹介します。

 

■パフのお手入れが必要な理由

メイクのたびに使う、パフ。ファンデーションをパフにつけ、全体に伸ばしていく方も多いことでしょう。このときにパフには、ファンデーションだけではなく人間の皮脂も付着してしまいます。

そのまま放置することで、雑菌やダニが繁殖してしまうケースも多く、これが皮膚トラブルの原因になってしまうのです。

・肌荒れ
・かゆみ

こうした気になる症状が現れ始めたら、パフが清潔に保たれているかどうか、チェックしてみると良いでしょう。

またこれ以外にも、パフにファンデーションが付着したままになっていると、「メイクの仕上がりがうまくいかない」というデメリットが発生してしまいます。

新たにファンデーションを乗せようと思っても、すでにパフに付着しているファンデーションが邪魔になり、肌に乗せたときにムラになってしまうのですね。

「ファンデーションを変えたわけではないのに、最近なぜかメイクの仕上がりがうまくいかない」という場合にも、パフの汚れが関係していることが考えられます。今使っているパフの状態について、ぜひチェックしてみてください。