ダレノガレ明美さんも保護猫の里親探しをサポート

動物愛護に熱心な芸能人といえば、タレントのSHELLYさんも有名。犬猫の殺処分ゼロを目指す「TOKYO ZERO」に“呼びかけ人”として参加するSHELLYさんは、同団体の公式サイトで動物との向き合い方について語っています。

 

私は動物が大好きです。本当は犬も飼いたいです!!
でも飼わないという選択が私の動物愛護です。
忙しくて寂しい思いをさせてしまう、家を離れてる時間が長いからキチンと散歩に行ってあげたりできない。今の私の生活じゃ無理です。

 

と綴り、忙しい中で安易に動物を飼わないことも「動物愛護」と紹介。動物を飼うという選択をする前には、“自分が飼った動物は幸せに暮らせるのか?”と考えてみる必要がありそうです。

 

また同じく動物愛護運動をしているのが、ダレノガレ明美さん。保護猫の里親を見つけるInstagramアカウントを開設するなど、熱心に活動しています。ダレノガレさんは自身のTwitterで、
私からすれば猫も人間と同じ。
とペットへの向き合い方を投稿。“動物だから”と考えず、人間の家族と同じように考えていることを明かしていました。

 

動物に対する姿勢は人によって様々ですが、“動物の目線”を忘れずにお互いが幸せになれる接し方を考えたいですね。

 

関連記事:「ペットを飼いたい」子供の発言で親がまず考えるべきこと

 

文/長谷部ひとみ

参照/TOKYO ZERO「SHELLY」 http://tokyozero.jp/message/shelly/

ダレノガレ明美「@The_Darenogare」 https://twitter.com/The_Darenogare/status/915268561869750274