炊飯器で火を通す鶏ハムの作り方とは?

オリジナルローストビーフのレシピを明かしていた小川さん。今年の1月19日に更新したブログでは、年末年始で“体重が増えた”と告白しています。「自業自得なので仕方ない」と反省しつつ、小川さんは体重を戻すために“食事制限”することを決意。炊飯器で調理する高タンパクで低カロリーな“鶏ハム”のレシピを公開していました。

 

小川さんの鶏ハムはガーリックソルトなどで下味をつけて、“フォークで肉に穴を開ける”のがポイントのようです。その後の工程はとても簡単で、
空気を抜きながらジプロックに入れ
炊飯器へ
熱湯を袋がかぶる位に注ぎ
後は「保温モード」で60分
これで
シットリ鶏ハムが完成します

 

と綴っていました。食べやすい大きさに切り分けた鶏ハムは、ヘルシーですがボリュームは十分。炊飯器で鶏ハムを加熱している間に、他の食事を用意することもできそうですね。小川さんはブログの読者に向けて、「体重増加しちゃった方、一緒に頑張りましょう」とエールを送っています。

 

ダイエットをしている人にピッタリの鶏ハムは、「炊飯器で入れて火を入れるとは思わなかった」「鶏胸肉の食感とスパイスの風味が気になる!」などと話題になっていました。

 

様々な時短料理を編み出している小川さんのレシピを、この機会に家族や友人へ振る舞ってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:小川菜摘さんの炊飯器で作るガーリックライス「余ったときのリメイクまで完璧!!」

 

文/長谷部ひとみ

参照/小川菜摘のLove Blog~!!「ローストビーフレシピ」https://ameblo.jp/tabasa7blog/entry-12565541288.html?frm=theme

小川菜摘のLove Blog~!!「炊飯器で作る鶏ハム」https://ameblo.jp/tabasa7blog/entry-12568106569.html