■子どもの様子を見てからでも遅くはない?

「子ども会っていったいどんな組織なの?」と思う方の中には、以下のような状況にある方も多いのではないでしょうか。 ・第一子入学で、右も左もわからない
・引っ越してきたばかりで、地域の実情がわからない このような状況で、新たな環境に身を乗り出すのは、少し勇気が要ることかもしれません。しかし、小学校という環境の中、子どもが一人で頑張ることを考えるのであれば、地域に「知り合い」が増えて悪いことはありません。 「子ども会を通じて上の学年の子とつながったことで、下校中、困っていた子どもが助けてもらった!」なんてケースも、実際に存在しています。 もしも「加入するべきかどうか迷っている」のだとしたら、取りあえず加入してみて、子どもの様子を確認してみるというのも、良い方法かもしれませんね。

 

■まとめ

何かと新しいことがスタートする、小学校生活。子ども会も、環境の変化の一つだと言えるでしょう。 親にとってはメリットもあればデメリットもある子ども会加入問題ですが、大切なのは、地域社会の中で子どもたちが、明るく健全に育っていくこと! 前向きな気持ちで、地域の人とのつながりを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。