2018.12.05

誰でもぶち当たる様々なワーキングマザーの壁

51-1

仕事と家庭を両立させようと頑張るワーキングマザーがいます。育児に協力的な夫がイクメンとしてもてはやされている一方、育児も仕事もするワーママが置かれている状況はなかなか厳しいようです。

なぜママが仕事と育児を両立させようとすると壁にぶち当たってしまうのでしょうか?また、どのような壁が問題になっているのでしょうか。

ワーママたちが感じた、子どもをもちながら働くことの難しさや実際にあったトラブルなどをご紹介します。

夫に感じる高い壁

妻が仕事から帰宅して育児をしている一方、その横で疲れた夫が横になっている光景はよく問題になるそうです。 家事や育児に非協力的な夫がいると就労後自分だけがそれらを請け負うことになり、ストレスをためることになります。想像してほしいのですが、自分があくせく働いている横でゆったりとしている同僚がいると結構腹が立つのではないでしょうか。

ストレスのあまり、夫に言ってはいけないことを言ってしまってケンカになってしまうケースもあります。夫婦生活を続けていくためには相手への思いやりが大切ですが、疲れていると配慮が足りなくなってしまうこともよくありますよね。どちらか一方が尽くしているような関係だと破綻しやすいでしょう。

結婚前は家事も育児も協力すると言っていた夫がまるで行動を起こさなかったことから夫への気持ちが冷めて離婚を決意し、シングルマザーを経てより協力的な夫と再婚をしたという女性もいます。女性が経済的に自立していると離婚も選択肢に入りやすいです。

夫に渡す小遣いが多すぎる、育児に協力してくれない、 体調が悪いときも考慮してくれないなど、いろいろなタイミングで妻は夫に対して壁を感じます。こうした行動の元となっている根本的な考え方の違いも大きな壁になるでしょう。

夫の態度に不満を感じてバトルをするのもなかなか体力を使いますので、夫に疲れてしまっているワーママは大変です。

仕事に対する壁も

Chanto