注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ドラッグストア勤務に最適♪登録販売者試験とは

仕事

2019.07.06

近年、パートタイムで働いている主婦の間で人気となっている資格に登録販売者があります。この資格を持っていると市販薬の販売ができるため、ドラッグストアを始め、多くの店舗で重宝されるのです。資格ということもあり、資格手当がつくことで単なる販売よりも収入は高くなるのです。
さらに市販薬を取り扱う店舗も増えていることから、この資格を持っていることで、転職などにも有利に働くということが人気の理由のようです。

■登録販売者の資格とは?

登録販売者の資格は簡単に言えば、一般的な医薬品の販売を行うための資格です。2009年に新しく誕生した資格で比較的新しい国家資格です。医薬品の販売と言えば、薬剤師といったイメージがあるのですが、この資格を持った販売員がいれば、薬剤師が不在であっても一般的な医薬品の販売が可能になります。

近年、コンビニやスーパー、また、ドラッグストアなどでも医薬品の販売が行われるようになっていますが、これは薬剤師が店舗にいるというわけではなく、登録販売者の資格を持った店員がいれば販売が可能になります。そのため、登録販売者の資格を持った店員が不在の場合は、医薬品のコーナーだけ閉鎖されているといったこともあります。

薬剤師との違いは、処方箋による調剤や第1類の医薬品の販売ができないという点です。薬剤師の資格は取得が大変ですが、登録販売者の資格は取得が簡単ということもあり、主婦層にも人気の資格となっているのです。

ドラッグストアなどで、薬の相談をしたり説明を受けたりすることがあるのですが、これは薬剤師でなくても登録販売者の資格であれば可能になります。そのため、この資格を取得することで職探しの幅が広がるのです。

実際に医薬品を販売している店舗は、以前は薬局やドラッグストアが中心でしたが、現在はコンビニやスーパーも取り扱うようになっています。今後さらに展開してく可能性も高いので、取得しておくと便利な資格となっているのです。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【資格】その他の記事

資格
もっと見る