2019.05.15

仕事している方がよっぽどマシ…働く苦痛と無職の苦痛はどちらが辛いのか

20190514kutuu01仕事に対するモチベーションは、人それぞれ違うもの。バリバリと働きたい人もいれば、「働かなくてよければ、正直働きたくない…」と考える人もいるかもしれません。「仕事をすることの苦痛」と「無職の苦痛」では、実際どちらが辛いのでしょうか。

 

「仕事」と「無職」はどちらが辛い?


何度か転職を繰り返しているという女性は、「私は無職の方が辛いと思います」と断言。やはり理由としては“経済面”が大きいようで、「無職の時、お金の心配で先が見えず精神的にすごく辛かったです。働き始めたらそれはそれで辛いですが、少なくとも金銭面での不安がなくなりました」「同じだけ辛いなら、仕事をしている方がよっぽどマシです」と続けます。

 

この意見に対して、まずは賛同を示す声が相次ぐことに。「私も無職の方が絶対に辛いと思う。お金はもちろんだけど、親に対する罪悪感が半端なかった」「無職だと世間から無言のプレッシャーを感じてしまうよね」「仕事で辛くて苦しいことがあっても、無職時代の苦しさを思えばどうにか耐えられる」といった声が寄せられていました。

 

また無職は“仕事がない”状態を指すだけでなく、「友人関係にも影響が出る」と主張する人も。「無職の間は学生時代の友達に会えなかった。『今何してるの?』に答えられないもん」「無職期間に同窓会があって、泣く泣く参加を見送りました…」と嘆く声も上がっています。

 

>>NEXT 「働く方が辛い」と考える派の意見

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。