2019.02.26

働きたいママたちの選択!正社員とパートはどっちがいい?

64-1

女性のキャリアは結婚や出産を機に変化していきます。現在では共働きがスタンダードになっていることもあり、ママになっても働きたいという女性は多いでしょう。

その際に正社員を選ぶべきなのでしょうか?それともパートで働いたほうがよいのでしょうか。正社員・パートのメリット&デメリットなどをまとめました。

■正社員のメリットとデメリット

正社員で働くメリットは給与が高いことです。契約社員のように雇用期間もありませんから長期間にわたって仕事に取り組むことができるでしょう。

正社員にはパート従業員にはできないような仕事も任されます。第一線で働いていれば管理職になることも可能です。仕事にやりがいを感じやすい、雇用が安定している、経済的に余裕ができるといった点が正社員のメリットです。

しかし育児と両立する場合、責任のある仕事を任された正社員は容易に休みを取れません。

子どもの急な発熱などでやむを得ず休む際も代わりに同僚に仕事をしてもらえるように情報共有をしておくなどの工夫をする必要があります。

会社によっては育児休暇を長期間設けていたり、急な有給申請も認可してくれることもあるようです。

しかし育児休暇後に職場復帰をして時短勤務を始めるようになると、マミートラックという状況に陥ることがあります。

マミートラックとは育児に対して会社から配慮されるものの、勤務時間が減ることにより年収がダウンしたり、キャリアコースから外されて出世が見込めなくなってしまう状況です。

出産をしたためにそれまでのように大事な仕事を任されなくなり、仕事に対するやりがいを感じられなくなってしまう女性も少なくないといいます。

最近ではマミートラックに対して問題意識をもち、従業員を勤務時間ではなく成果で評価しようとする企業も出てきました。例えば新商品についてのアイデアは勤務時間にかかわらず出すことができます。

成果を評価しようという試みは短時間勤務でもベストを尽くしたいという女性にとってありがたいのではないでしょうか?

正社員では長時間労働が前提という考え方がありますからこうした考え方を改善する必要があるでしょう。しかしこのような取り組みは一部の企業で始まったばかりです。すぐに環境が変わることはないかもしれませんが、気長に待ちたいところではないでしょうか。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。