プロに聞いた!かけっこで子供の足が速くなるコツ

_DSC5956
「かけっこ速いね!」我が子がそんなふうに言われると、親としてもうれしいもの。来たる運動会までに、少しでも速く走ることができるようになったら、子ども自身ももっと運動会を楽しむことができるはず……ということで、「かけっこが速くなる方法」についてご紹介します!
今回は、プロトレーナーが開発した子どもたちの“運動神経を育てる” 運動教室「リトルアスリートクラブ」のトレーナー・山田義基さんに、「子どもが速く走れるようになるためのコツ」を、細かく聞いてきました。
「足が速い遅いは、生まれつきだから」と、諦めてしまう親御さんも多いかと思いますが、じつは普段からの働きかけが、かけっこを速くすることにつながるのだそうですよ。

 

\ かけっこで子供の足が速くなる! /

走るときの正しいフォーム

 

姿勢を正すだけで、走る速さに随分と変化が現れるのだとか。意識するだけでタイムのアップにつながるポイントを教えてもらいました。

「まずはスタートの姿勢をチェック。走り方はどうしてもそれぞれの子どものクセがあるため、なかなかすぐには改善できないものですが、スタートの姿勢は一番改善をしやすいところです」

 

スタートの正しい姿勢

_DSC5706

スタートで大切なのは、背筋がまっすぐになっていること。背中が丸まっていると、力が出しにくい。

_DSC5701

これが正しい姿勢。背筋がまっすぐで体が前傾している。

_DSC5697

NGな姿勢の例。気持ちが前にいくと、頭だけが前にいきがち。そうなると背中が丸まってしまうので注意。

「子どもは難しい言葉で説明してもわかりません。“背筋ピンで、まっすぐね”など、その子が理解しやすい声がけを」

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。

運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?

特集テーマ : 【運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?】その他の記事