運動が苦手な子に!親子のラジオ体操でその苦手は克服できる!

子どもの運動能力を伸ばすために親ができること

不得意な部分の改善から! まずは子どもの動きをチェック

「とはいえ、得意な運動ばかりやっても、不得意な部分は改善されません。まずは、子どものどの部分が弱いのかをチェックし、親がそれを把握し伸ばすように働きかける運動を促すことが大切です」と遠山さん。

運動能力を伸ばしていくときにポイントとなるのが、【肩】【胸椎】【股関節】【足首】の動きなのだとか。この4つの関節の動きをチェックし、そのチェック結果に応じて不得意な部分を改善するような運動をするといいのだそう。

「この各項目は、家庭で簡単にチェックできます。一度親子でやってみましょう! 子どもならすべて3点を目指し、大人は自身の健康のために2点は取れるようにしましょう」

「肩の動き」をチェックする【スクラッチテスト】

_DSC6045

2点の状態。

_DSC6055

反対側も同じようにやってみます。この状態は0点。

 

【測定方法】

①片方の手を肩越しから下に、もう片方の手はひじを曲げて上にもってくる。
②上と下の手のつき具合をチェック。


✔︎両手で握手ができる………………………3点
✔︎指がひっかけられる………………………2点
✔︎指同士がつく………………………………1点
✔︎まったく触れない…………………………0点

≪ BACK 1

2

3 4 5 6 NEXT ≫

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。

運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?

特集テーマ : 【運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?】その他の記事