運動が苦手な子に!親子のラジオ体操でその苦手は克服できる!

_DSC5966

運動が苦手な子どもが増えていると言われている現代。そう言われてみると、我が子はあまり運動に意欲的ではないかも……と思うママも、少なくないのではないのでしょうか。

リトルアスリートクラブの代表・遠山健太氏によると、「運動が苦手なのは小さな頃の日常習慣で克服できる」のだとか。そこで今回は、子どもの運動能力をアップさせるために親が何をしてあげるべきかについて、お話を聞きました。

 

そもそも……運動が苦手なのは克服できる?

_DSC5647

運動が苦手なのは遺伝に起因。でも環境で変えられる

−–運動が苦手な子と得意な子がいますが、これって遺伝なんですか?

運動の得意不得意は、遺伝的な要素が大きく関係していることがスポーツ遺伝子の研究により、証明されています。ただ、運動が得意という両親のもとに、その遺伝子を受け継いで生まれた子どもの場合でも、「運動する」という環境自体を全く与えなければ、運動能力は育まれません。スポーツ選手同士の子がスポーツ選手になるというパターンは、スポーツ選手の子どもだからというよりも「親が普段から子どもが運動をする環境を与えている」ことに起因しているほうが大きいんです。

−–運動をさせることで運動が苦手なのは治るということですか?

子どもの場合は「トレーニングする」となると、負担になりイヤになってしまう場合も多いんです。ですので「楽しい」と思えることを運動につなげて習慣にすることが大切。私たち親がそういった環境を作っていけばいいと思います。

例えば、休日の公園で鬼ごっこをしてみる。教える必要もないし、第一に楽しいですから子どもは進んでやりますよね。そして何より、つかまらないようにするためには速く走らないといけない。そこで運動能力が自然と育まれていくのです。「走り方をこうするんだよ」と教えることより、公園で思い切り走ることが大切。普段からそうしていることで、いざ運動をしようという場面でも、自然と全力を出せるようになっていきます。

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。

運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?

特集テーマ : 【運動が苦手な子供の力を親子でどう伸ばす!?】その他の記事