片付く無印良品!整理収納のプロ・梶ヶ谷さんの厳選13点

片付く!「無印良品」10|マイクロファイバーミニハンディモップ

 

マイクロファイバーミニハンディモップ

 

片付くPOINT|ときには「モノを増やす」ことも必要
サッと掃除するのに便利な「マイクロファイバーミニハンディモップ」は、場所ごとに揃えている。「掃除用品やティッシュなどのいろいろな部屋で使うものは、その部屋ごとにおいておきます。モノが増えることにはなりますが、わざわざ取りに行かなくていいので、結果的には部屋が片付くように」。どの部屋のものかわかるよう、必ずラベリングをしておくことがポイント

 

片付く!「無印良品」11|EVAケース・ファスナー付

EVAケースファスナー付き

 

片付くPOINT|紙モノは、サイズごと・カテゴリーに分けて収納を
細々としたものの収納に重宝する、「EVAケースファスナー付き」。梶ヶ谷さん宅では、ハガキサイズなどの小さい紙類は、これに小分け収納してから、引き出しへ。A4の書類はファイルに入れて別の場所に収納している。「紙類は、A4サイズとハガキサイズを別にしないと、絶対にごちゃごちゃします」。ケースの単価が安いので、カテゴライズも細かく設定できるのが魅力

≪ BACK 1 2 3 4 5 6

7

8 9 NEXT ≫

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。

「片付く!無印良品 」プロおすすめの収納テク

特集テーマ : 【「片付く!無印良品 」プロおすすめの収納テク】その他の記事