傷みにくい作りおきおかずで「コーンバーグ弁当」レシピ

_80A7016-1

料理研究家・新谷友里江さんに聞く、夏の傷みにくいお弁当レシピ。今回は「コーンバーグ」が主役のお弁当のご紹介です。主菜1品、副菜2品の組み合わせですが、どれも雑菌の繁殖を防ぐテクニックが満載。しかも、それぞれ冷蔵保存で2〜3日は日持ちするレシピなので、晩ご飯にまとめて作って、翌日のお弁当に…なんてことも。慌ただしい朝の準備がラクになる、安心のメニューです。

 

 

109-01

濃いめの味つけで保存が効く

コーンバーグ

_80A6978-1

 

[材料(4人分/12個分)]

豚ひき肉……350g

玉ねぎ……1/3個

コーン缶……1缶(100g)

A 酒・片栗粉……各大さじ2

    塩……小さじ1/2

    こしょう……適量

B ケチャップ……大さじ3

    中濃ソース……大さじ1と1/2

    水……1/4カップ

サラダ油……大さじ1/2

 

[作り方]

1.玉ねぎはみじん切りにする。

2.ボウルにひき肉、Aを加えてよく練り混ぜ、①とコーンを加えて混ぜる。12等分にして小判形に成形する。

3.フライパンにサラダ油を中火で熱して②を焼く。焼き色がついたら裏返してふたをし、2〜3分蒸し焼きにする。火が通ったらBを加えてサッと煮からめる。

 

109-02

食欲も掻き立てる夏向けの酢漬け

うずらとパプリカのカレーピクルス

_80A6996-1

 

[材料(4人分)]

パプリカ(赤・黄)……各1/2個

うずらの卵(水煮)……12個

A ローリエ……1枚

   酢……大さじ5

   砂糖……大さじ2

      カレー粉……小さじ2/3

   塩……小さじ1/2

      水……1/2カップ

 

[作り方]

1.パプリカはひと口大に切る。

2.耐熱ボウルにAを入れてよく混ぜる。ラップをして、沸騰するまでレンジで約3分加熱し、①とうずらの卵を入れる。あら熱をとってから冷蔵室に入れ、3時間以上漬ける。

 

109-03

味の決め手の粉チーズが水けもしっかり吸いとります

ブロッコリーのチーズあえ

_80A6992-1

 

[材料(4人分)]

ブロッコリー……1個(約250g)

A 粉チーズ……大さじ1と1/2

    オリーブ油……大さじ1

       塩・こしょう……各適量

 

[作り方]

1.ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでする。

2.ボウルに水けをきった①とAを入れ、サッとあえる。

 

料理製作・スタイリング/新谷友里江 撮影/masacova!

田川志乃

フリーライター。1児のママ。食や子育て、身近な生活に関する記事を中心に執筆中。