【働くママ150人に調査!】“ママでの転職” その理由とリアルな成功法

shutterstock_1130615102

家事・育児・仕事のバランスがとれなくなった……

そんなとき、頭をよぎる「転職」の2文字。

“ほかのみんなはどうしてる?”

気になる「ママの転職事情」について、

150人の働くママたちにアンケートを実施しました。
 

 

Q.ママになってから、転職をした経験はありますか?


はい:55人
いいえ:95人
 

Q.ママになってから転職した方へ。その理由を教えてください。


<負担を軽くしたかった派>
・「正社員で働いていたが、融通が利かないのでパートタイムへ変えた」
・「業務の量が多すぎて、家事育児が負担になった」
・「職場の人間関係がうまくいかなくなった」
・「前職は出張が多くて激務だった」
・「朝早く夜遅かったため、子どもへの負担が大きく自分の体ももたなかった」
子育てや家事に支障をきたすほどの重い業務は続けられない、と転職を決めたママが多いようでした。
<時間の融通を効かせたい派>
・「子どものそばで仕事がしたいと思い、退職後はフリーランスになり在宅勤務」
・「子育てに理解があり、さらに自宅から近い場所へ転職した」
・「子どもが体調不良になったときに近くにいてあげたかった」
・「保育園の行事に積極的に参加できる職場へ」
・「小学校にあがり、子どもが帰る時間には家にいたいと思った」 
何かあったときにすぐに保育園に駆けつけられるような場所や、フリーランスに転身し自宅作業に切り替えたというママも多数いました。
<キャリアアップ派>
・「ずっと座っている事務職が向いておらず、年長になり子どもの体が強くなったタイミングで企業の受付の仕事にチェンジ」
・「年齢が武器になる職業って何だろう?と思った時に、 調剤事務(医療系)だと、年配女性=安心感につながるかなと思い、業種を変えた」
・「子どもが3年生になりある程度自分のことができるようになったので、キャリアを積みたく転職」
・「ママだからこそ、妥協したくなかった」
・「子育てをきっかけに自分に合った働き方を模索した」
キャリアアップ派については、子どもがある程度大きくなったタイミングで、ワークライフバランスを見直すママが目立ちました。
その他、子育てにかかるお金が増えたために<給料アップ>を重視して転職を決めたママなども多くみられました。

>>NEXT 転職する際、どんな条件を重視したの?

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。