入学後のママ、衝撃…!保育園と小学校の違いが凄過ぎた

back-to-working

初めての小学校を控えたお子さんとママ・パパは、初体験の学校生活に向けて期待と不安が入り混じっていることと思います。

しかし、いざ小学校に入学してみると、保育園と比べて「こんなに違う!」とびっくりするママが非常に多いとか…!?

育休明けのママには少し早い話ですが、将来の予習ということで、今回は保育園ママが小学校入学後に驚いたことを、アンケートに基づきまとめてみました。

 

<ひとつ前の特集記事に戻る> 育休明けママは正直、迷惑…と職場で言われる本当の理由

 

こんなに頻繁に学校に行くことがあるなんて


小学生になると、子どもが成長したぶん、親の出番も少なくなるかと思いがち。

しかし保育園から小学校に入学すると、親の出番はむしろぐんと増えると考えた方がよいでしょう。

 

「保育園では平日の行事や参観はほとんどなく、懇談は夕方のお迎え時だし、音楽会や発表会も週末。それに対して、小学校は参観はもちろん懇談も午後2時~5時の間など、保護者が平日に学校に行く機会がすごく多いです」

 

「子どもが淋しがるので、1年生のうちは参観はできるだけ全部出席してあげたいですが、

2週間前に詳細が知らされるので、休みを取るときにすごく肩身が狭いです…」

 

参観や懇談などは、働く保護者の立場を考えて1か月以上前に知らせてくれる小学校も増えていますが、学校によってはまだ対応していないことも。

 

なお、年度のはじめに「年間行事予定」をもらえることもありますが、こちらはあくまでも仮の予定であり、変更されることも多いので、参考程度に思っておいた方がよさそうです。

 

宿題チェックは親の仕事?地味に時間もかかる


多くのママやパパが悲鳴を上げているのが「宿題のチェック」。

漢字ドリルや計算ドリル、国語の教科書の音読などは、丸つけ・答え合わせや、音読表にサインをして提出するのが決まりになっている小学校がほとんどです。

高学年になってくると子ども自身が丸つけするようになりますが、低学年ではほぼ100%、保護者の役目と言っていいでしょう。

 

「計算ドリルに答えがなく、親が計算しながら丸つけしているので地味に時間がかかります。ご飯の支度やお風呂などがずれ込んで、寝るのが遅くなってしまうので困っています」

 

「子どもがやる気がなくても、励ましたりおだてたり叱ったり、あの手この手で宿題をやらせるのが本当に大変…!音読も実際にしていないのにサインをするわけにいかないので、毎日必死です」

 

>>NEXT 学校で我が子は何をしているのか?

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。