育休明けの挨拶は?朝礼・手土産 ・メール…ここが落とし穴

back-to-working201903

第1子出産で初めての育休がもうすぐ明ける人、4月から保育園が決まり職場復帰するという人。

保育園の持ち物の準備や家事の分担効率化、仕事内容を思い出し確認するなど、やることは山積みですが、職場復帰当日、朝礼で上司から「今日から○○さんが育休から戻られました。ひとことお願いします」と言われて頭が真っ白…!

なんてことにならないように、挨拶の言葉や段取りも考えておきましょう。

先輩ママはこんなふうに挨拶したという実例と、意外と迷うメールでの挨拶ポイント付き。参考にして下さいね。

 

<ひとつ前の特集記事に戻る> 保育園の入園準備「これ、100均グッズでOKでした!」

 

育休明け初日の朝礼、挨拶で忘れず伝えたいこと


朝礼のある会社や部署では、育休復帰初日の朝礼で管理職から紹介されて挨拶する形になると思います。

長々と話す必要も時間もないと思いますが、最低限、以下の内容は入れておきたいですね。

 

  • 育休中に自分の業務を滞りなく代行してもらったことへの感謝の気持ち
  • 復帰後の勤務時間などで変更があれば周知
  • 今後も頑張りたいという前向きな意欲

 

Uさん(当時29歳)は、

「復帰後は時短勤務を選択していたのですが、ご存知ない方もいるかもしれないと思ったので、再度、これから1年間は16時退社となりますとお知らせしました。16時以降の連絡に対応できず迷惑をおかけしますが、精いっぱい業務の効率化に努め、翌朝必ず迅速にお返事しますので…と伝えました」

 

と、時短勤務に関する周知と心構えを話したそうです。

ただ、いくら仕事に対して前向きであっても、赤ちゃんの急な発熱は避けられないもの。

 

お二人のお子さんがいるEさん(30歳)は、

「上の子の育休復帰時、できるだけ職場に迷惑がかからないようにと思っていましたが、結果は月に何度も発熱・お迎えで早退や休みを繰り返しました。そのため、二人目の時は、“休まないようにします”ではなく、“やむを得ず休むことになりご迷惑をおかけするかもしれませんが、日頃からデータの共有や進捗をオープンにして、影響を最小限にできるよう努力します”という言い方に変えました」

とのこと。

 

なお、ネット上の記事を見ると、挨拶時に「育休中に迷惑をかけたことへの謝罪」をするべき、というものを見かけますが、筆者個人としては、育休そのものは「謝罪」することではないと思っています。

 

飲み会続きで不摂生がたたり急に入院した…といったものではなく、認められた制度を計画的に取得したのですから、仮に誰かに迷惑がかかったとしたら、育休を取った人ではなく、職場の体制に問題があるはず。

 

とはいえ、「当然の権利」という態度でも、やはり反感を買いますよね。

 

新しい家族の誕生にあたり、多かれ少なかれ職場の人たちにフォローしてもらったことは間違いないので、感謝の気持ちは必ず挨拶の中で伝えるようにしましょう。

 

また、注意したいポイントとしては、

  • 直属の上司
  • 自分の業務を担当してくれていた人(たち)
  • 産休代理スタッフのフォロー担当だった人

には、全体への挨拶とは別に、個別でしっかりとお礼を伝えましょう。全体の場で伝えられなかった業務上の情報なども教えてもらえるでしょう。

 

復帰当日に出張や休みで顏を合わせられなかった人にも出社時にはこちらから声をかけたり、育休中に新規採用された人がいれば自己紹介しておくと、円滑に仕事が進むはず。

 

>>NEXT 育休明けの挨拶に手土産は必要?

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。