先輩ママが教える!産休・育休復帰前にやっておいてよかったこと【家事編】

back-to-working201903-3

育休明け、仕事を再開すると最初にぶつかるのが「家事をする時間が取れない」という壁…。

育休中と比べると時間は絶対的に足りなくなるいっぽうで、保育園に通い始めた子どものケアにもちゃんと時間をかけてあげたいですよね。

行き当たりばったりで回らなくなり悲鳴を上げるまえに、事前にできる対策を夫婦でしっかり考えておきたいもの。

そこで、今回、編集部では先輩ママたち100人に「復職前にやっておいてよかった!」と思う家事や生活の工夫を、アンケートで教えてもらいました。

 

<ひとつ前の特集記事を読む> 先輩ママが教える!産休・育休復帰前にやっておいてよかったこと【子ども編】

 

家事は夫婦で共有、担当決めを早めにしておこう


現在の日本では、男性はまだまだ育休をとれない人が大多数。

そのため、子どものいる家庭では日頃どんな家事がどのくらい必要で、復職後に何ができなくなるのかなど、ピンときていないことが予想されます。

そこで先輩ママたちは、復職直前ではなく少し前から計画を立て、夫婦で家事の内容を共有していった人が多いようです。

 

「家事分担の見直しは、復職の数か月前にいったん紙に書き出して、夫が引き受けやすいものから少しずつ渡していきました。家にいたときと同じペースで家事をやろうと思っても、すぐキャパオーバーになってしまいますよね」

 

「夫は仕事の帰りが連日真夜中なので、食事作りや掃除といった家事は難しいと判断し、朝、子どもの着替えや身支度、朝ご飯を食べさせるなどの役目を任せることにしました。復職半年前から移行していたので夫も習慣化して入園後もスムーズにできるように。子どもも”ママじゃないとイヤ”ということが減りましたし、父と子の触れ合いにもなって、一石三鳥ですね」

 

朝の支度~登園~出勤はシミュレーションを徹底


親子ともに朝の支度をして、保育園に預け、出勤するまでの流れは、直前に1回やってみる人は多いかもしれませんが、成功したママに聞いてみると、かなり入念に行っていたようです。

 

「月曜日は特にペースをつかむのが難しいと思ったので、夫と相談して、数か月前から月曜は本番のつもりで準備することにしました。お天気によって段取りも変わるので、実際に雨の日に娘をベビーカーに乗せたり、晴れた日は自転車に乗せたりして、夫婦交替で保育園まで行ってみました」

 

「実際に、登園準備を整えたうえで保育園まで行き、そのあとさらに会社のビルの前まで行ってみたこともあります」

 

「説明会や体験入園はいつもお昼頃の時間帯でしたが、朝は渋滞で思ったよりかなり時間がかかることが予想されます。何度か車で朝の時間帯に保育園に行って所要時間をつかんでおきました」

 

車通勤の場合、保育園の駐車場も混みあって順番待ち…という可能性もあるので、その時間も見込んでおきたいですね。

 

>>NEXT 家事の時短は可能な限り!

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。