セブン「銀座デリー監修 ドライカレー」レンジでチンするだけで名店の味が食卓に!

電子レンジで温めると、鼻を刺激するスパイシーな香りが漂ってきました。カレー色のライスの上にはグリーンピースの緑色とにんじんのオレンジ色、小エビのピンク色が散りばめられてとってもカラフル。早く食べたくてよだれが止まらないので、実食していこうと思います。

20190228ginza03

 

まずはじめにライスを一口。銀座デリーの「日本人が食べやすいカレーを作る」というコンセプトの通り、少しピリッとした食べやすい辛さです。公式サイトによると、特製カレーペーストに入っているのは「16種類の香辛料」と「にんにく」、「ケチャップ」や「醤油」などの調味料。さらに注目すべきポイントは、冷凍食品でもライスの“パラパラ”感が表現されていることです。パラパラ食感のおかげで脂っこさが感じられず、食べ応えがアップしていました。さらに、ライスの中に「おこげ」も発見。「こんなところまで本格的なんだ…!」とテンションが上がってしまいました。

 

>>NEXT 具材も完璧すぎる…!

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

佐々木佳奈

学生時代からコンビニグルメに夢中!なママライター。結婚してからもお世話になっております…! コンビニで食品を買いすぎるため、普段の財布とコンビニ用の財布を分けて家計を管理している。料理は好きでも嫌いでもない。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【やみつき!コンビニグルメ】その他の記事