ファミマ「広島風お好み焼 肉玉そば」手焼きの文字踊る本格的な味をランチタイムに!

見るからにボリューミーな同商品は、卵生地や中華そば、豚バラ肉、キャベツを鉄板で焼き上げた一品。商品パッケージには“手焼き”の文字が躍っています。はやる気持ちを抑え、付属している「からしマヨ」を外してレンジでチン。すると温まったお好み焼きからは、食欲をそそるソースのいい匂いが漂ってきました。

20190122hirosima03

 

箸で切り分けて早速実食。噛んだ瞬間に、生地のモチモチ感とキャベツのシャキシャキ感が口に広がります。大盛りのキャベツは甘くて濃厚なソースと相性抜群。大きな豚バラ肉と一緒に食べれば、広島の風景が頭に浮かぶほどの本格的な仕上がりです。

20190122hirosima04

 

ソースのかかっていないキャベツと中華そばを食べてみると、風味豊かな香りと旨味を味わうことができました。ファミマ公式サイトの商品情報によると、キャベツには“スルメイカと海老の粉末”が。中華そばは“カツオと昆布の風味”で味つけしているそうです。ソースのかかっていない部分へのこだわりも、本格的な味わいを生み出すポイントかもしれません。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

佐々木佳奈

学生時代からコンビニグルメに夢中!なママライター。結婚してからもお世話になっております…! コンビニで食品を買いすぎるため、普段の財布とコンビニ用の財布を分けて家計を管理している。料理は好きでも嫌いでもない。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【やみつき!コンビニグルメ】その他の記事