セブン「 四川風赤麻婆丼」2種類の豆板醤の旨みと痺れる辛さがやみつきに!

「四川風赤麻婆丼」を食べる前にセブンの“商品紹介ページ”をチェック。説明によると、“麻婆ソース”には2種類の豆板醤を使用しています。香りづけのために中華調味料の花椒もプラス。辛さだけではなく、中華の本格的なフレーバーも堪能できそう。説明欄には“痺れるような辛さ”とも表記されていたので、どれほどの辛さを楽しめるのか恐怖心と期待感の両方が膨らみます。

20190115mabou03

 

では覚悟を決めて… レビューを始めましょう! 電子レンジで温めてから蓋を開けると、花椒のこうばしい香りが“お出迎え”。食欲を一瞬にしてアップさせると、その勢いのまま豆腐を1切れ味見。パクッと口に含んだ瞬間、電流が走ったかのような辛味が…。ひるまずに咀嚼を繰り返すと、徐々に濃厚な旨味を堪能できました。

20190115mabou04

 

1度テイストを味わうと刺激が強い辛味が忘れられなくなり、躊躇なくもう1口トライ。麻婆ソースに詰まった辛味と旨味を再確認して、中毒性のあるおいしさに大満足です。夢中で食べていると、額と鼻の頭にたくさんの汗をかいてしまいました… お恥ずかしい。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

佐々木佳奈

学生時代からコンビニグルメに夢中!なママライター。結婚してからもお世話になっております…! コンビニで食品を買いすぎるため、普段の財布とコンビニ用の財布を分けて家計を管理している。料理は好きでも嫌いでもない。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【やみつき!コンビニグルメ】その他の記事