19種類ものスパイスが!?レンジで作れるローソンのスープカレーが侮れない

20180718kare01

毎週多くの商品が新たに発売されているコンビニエンスストア。コンビニグルメの味はどんどん進化していますが、中にはキレイすぎる見た目やインパクトある特徴で話題になる商品も。そこでこの記事では、色々な意味で話題のコンビニグルメをチェックしていきましょう!

 

“レンチン”するだけで本格的な味が楽しめるローソンの「スープカレー」


スパイスが効いた「カレー」は、幅広い世代から親しまれている人気料理の1つ。食通からすると「カレーは飲み物」と定義しているようですが、まさしく“飲むようにして楽しむ”メニューが「スープカレー」です。2000年ごろに札幌で人気に火がついて全国的に注目されましたが、今でもコアなファンが多くいるそう。

 

今回ピックアップしたのは、ローソンの「4種の野菜と若鶏のスープカレー」。商品のパッケージには“19種類のスパイスがしっかり効いた”と表記されており、その香辛料の多さに「そんなに入っているの!?」という驚きが。普通のカレーとは違う雰囲気が漂っているので、本格的な味を堪能できそうで期待値が上昇。

20180718kare02

 

具材は、大きめにカットされた鶏肉とかぼちゃ・レンコン・にんじん・じゃがいもが入っています。スープでも肉と野菜がバランスよく入っているので、お腹に溜まりそうな印象。メインデッシュだけで食卓が寂しい時は、存在感があるスープカレーを用意すれば重量感が増すはず。

20180718kare03

佐々木佳奈

学生時代からコンビニグルメに夢中!なママライター。結婚してからもお世話になっております…! コンビニで食品を買いすぎるため、普段の財布とコンビニ用の財布を分けて家計を管理している。料理は好きでも嫌いでもない。

やみつき!コンビニグルメ

連載テーマ : 【やみつき!コンビニグルメ】その他の記事