余命僅かのママが4歳の娘に教えた大切なこと…『はなちゃんのみそ汁』

akapen

この夏こそ、パパ力&家事力をあげるはずだったのに…

CHANTOをご覧のママさんこんばんは。映画コメンテーターの赤ペン瀧川です。楽しかった夏休みは終わったと思いきや、大きな台風は来るし…きっと、みなさんも忙しい毎日をお過ごしかと思います。

僕はといえば、ドラマの撮影が終わったと思ったら、今度は舞台の稽古に突入しました…。かろうじて、息子を保育園へ送ってはいますが、そのほかはさっぱりです。こんなはずじゃなかった。この夏こそ、グイグイとパパ力&家事力を上げていく予定だったのに…妻には大変申し訳ない。

 

IMG_0881

▲ドラマ撮影のクランクアップと同時に、上野の国立科学博物館へ。様々な標本に大興奮だった息子・晴太朗。

 

このコラムも第6回を迎え、読者のママさんたちにも「そろそろ、赤ペン瀧川のポンコツぶりもましになったのでは?」と期待していただいているかもしれない。やばい、そろそろ本気を出さねば!

と言いながら映画を選びだす僕…。

今回ご紹介する映画は、僕が家事力アップのために覚えたい“みそ汁”がキーワードの1本です。しかし、ただのみそ汁ではありません。4歳の女の子が作る、「うまか〜!!!」と思わず叫んでしまう、おいしくて、心温まるみそ汁のお話です。

 

IMG_0865

▲阿波踊りを見に行くも爆睡する息子・晴太朗。パパ力を上げているという証拠写真を撮りたかったのに、なんだかイマイチだ。

ママに捧ぐ映画 第6回 阿久根知昭監督作品

『はなちゃんのみそ汁』


この作品は、乳がんを患うママが闘病中に綴ったブログが書籍となり、その実話をもとに映画化された作品です。主人公はママである千恵さん、夫の信吾さん、そして、闘病中に出産した長女・はなちゃんの3人。

ストーリーはふたりがまず出会うところから。付き合いはじめ、結婚を考えた時に…がんが発見されます。まるで、誰の身にでも起こるかの如くです。ふたりはがんと戦う日常を、なんとか明るく過ごそうとします。ただ、医師には治療のために、子どもは諦めるよう宣告されていました。

しかし、その一年後に妊娠。出産する事でがん再発のリスクが高まる事を知った夫婦は悩みますが、産もうと決意します。無事に出産を終えて3人家族となった幸せも束の間、千恵さんのがん再発が発覚。それでも、家事と育児、そして闘病という大変な日々を、前向きで穏やかに過ごしていきます。

hanachan_sub1

▲千恵さん役を広末涼子さん、信吾さん役を滝藤賢一さんが演じ、仲のいい可愛らしい夫婦の姿に癒されます。

>>NEXT ママがどうしても、伝えたかったこと

赤ペン瀧川

1977年生まれ、神奈川県出身。3歳になる息子のパパ。映画コメンテーターとして、テレビやライブ、コラムなど多方面で活躍中。また、「警視庁捜査資料管理室(仮)」や「相棒」、「アウトレイジ」、「コンフィデンスマンJP」、「狐狼の血」など、話題のドラマや映画作品に出演する俳優としての顔も持つ。