2019.06.03

高すぎる銀行手数料、節約するには?

80-1

<手数料が無料の銀行を探すべし>

自分のお金を引き出すのに、どうして手数料を払う必要があるの?多くの人が抱いたことのある疑問ではないでしょうか。

銀行によってATḾの手数料は、利用する時間帯や金額によっても異なりますが、おおむね108円または216円で、400円を超えるところもあります。
1回分は少額ですが、怖いのは頻繁に利用して手数料の総額がかさんでいくことです。
週に1回ATMで引き出すとして、そのたびに108円を差し引かれるとしたら、1カ月で432円、1年で5,616円にもなります。これを黙って支払い続ける理由はありませんよね。

そこで今回は、預金を引き出す際の手数料をできるだけ払わないで済むよう、節約する方法を考えてみましょう。

まず、一番に思いつくのが、手数料のかからない銀行に替えるという方法です。
現在はメガバンク(大手都市銀行)のなかにも、8時45分から21時の間は平日でも土曜・日曜・祝日でも、手数料が無料というところがあります。この銀行ならば、時間外にATMを利用しない限りは、手数料について心配しなくて済みます。

また、ゆうちょ銀行は、曜日や時間帯にかかわらず手数料が無料です。
しかも、ゆうちょ銀行は全国にあるので、口座を持っていれば、旅行や出張で地方に出掛けたときにも手数料を気にせずに利用できるのがうれしいですね。

ただし、以上2つの銀行で無料なのは、あくまでも口座からの払い戻しと預け入れだけです。
振り込みについては、ゆうちょ銀行どうしなら無料ですが、1カ月に無料で利用できる回数が決まっています。
都市銀行のほうは、同行同一支店なら一定金額未満は無料ですが、それ以外は有料ですので気をつけましょう。

でも、これらの銀行に口座を持っていないという人。
こんなアイデアがありますよ。基本的に手数料が無料の銀行に、まず新規で口座を開きます。お給料が振り込まれたら、1カ月に使う予定の金額をあらかじめ計算しておいて、その分を、新規開設した口座に預けておくのです。あとは、無料時間帯に必要な分を引き出す…というやり方です。

また、コンビニにあるATMについていえば、基本的に有料です。料金はATMの置いてあるコンビニによっても、提携銀行によっても違います。要は、手数料は払わないことに決めたら、コンビニのATMは使用しないということですね。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!