2018.11.08

「あのロボットは今…!?」 ASIMOに続いてペッパー君も消えるのか!?

20181107_robot_01ここ数年で、街中やメディアによく登場するようになった“ロボット”。受付業務や工場での単純作業などで大活躍しています。進化の一途をたどっているかと思いきや、最近では“ロボット離れ”が話題になっているよう。

 

ペッパー君の契約が打ち切りに!?


2015年にリリースされてから、一躍人気者となったロボットといえば「ペッパー(Pepper)君」。人の感情を理解するだけでなく、自らが感情を持ったロボットとして誕生しています。ペッパー君の“感情”は動きや声のトーンだけでなく、胸の部分についているディスプレイの色でも判別可能。家族一人ひとりに異なる反応をするので、人間同様に気持ちのふれあいが楽しめます。

 

発売が開始された3年前は、「まだペッパー君を見たことがないから話してみたい!」「あの顔と喋り方が可愛いんだよね~」「デパートや旅先で見かけるとついつい話しかけちゃう!」といった声が続出していました。当時は物珍しさから、街で見かけるとペッパー君の奪い合いをしていたほど大人気。

 

ところが最近では見かけることも少なくなり、今年の10月から順次行われる“ペッパー君の契約更新”が危ぶまれる状態に。実際に「日経xTECH」が行った調査によると、企業の8割以上が“契約更新しない”という事実が発覚しました。

 

ペッパー君の法人向けプランの総額は、3年契約で198万9800円です。月額に換算すると、55272円の投資額に相当。4年目以降は月額9800円までの値下げも決定していますが、更新は危ぶまれている状況です。

 

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。