2018.10.27

奨学金返済を逃れる裏技の指南サイト続出に批判の嵐

20181026_graduation_01「お金で進学をあきらめないで!」。日本学生支援機構(JASSO)の公式サイトに記載の通り、学費に困っている学生にとって奨学金は救いとなる制度。ところが現在、奨学金返済に関する「裏技」が世に出回っているそうです。“違法ではない”と言われる抜け道はどんなものなのか? 詳しくこの問題をみていきましょう。

 

意外と知られていない奨学金制度の実態


JASSOは、日本最大規模の学生支援機構です。奨学金としての貸出方法は種類や返済時期などにより様々ですが、一点注目すべき条件が。奨学金は通常社会人になって返済開始となりますが、“在学中”は返済が猶予されて卒業しなければ返済が始まりません。

 

“別の大学に在籍する学費”と“奨学金の返済額”を比較し、学費の方が安ければ在学を続けた方が“お得”。例えば、大学卒業後に別の大学に在籍して返済を猶予し、返済額より安い学費を払う方法が考えられます。社会人になって別の大学に通うのは現実的に難しいと感じますが、中には在籍中の単位取得が必要ではない通信制大学の存在も。“奨学金の返済逃れ”を行う裏技は、金額面での比較で成立してしまいます。

 

猶予され続けた奨学金はどうなるかというと、最終的には「本人が死亡した場合、返済が免除される」条項により“逃げ切る”ことが可能。こうした裏技があることはどのように広まるのでしょうか。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。