2019.05.31  ”Sponsored” 

掃除機比較!「コード付きなら十分きれいになったと思ってました…」

dyson201905-1_DSC7556

子供たちの体調管理のためにも、家のホコリは気がかりです。でも、慌ただしい毎日の中で掃除はどうしても後回しになりがち。使っている掃除機も結婚当初のまま…という家庭は、意外と少なくないのでは。

「壊れたから、新しい掃除機を買おうか」といったタイミングにならないと、最新の機能に目を向けることすらないかもしれません。

 

でも、家族にとって安心できる清潔な空間を維持するために、掃除機は日々、改良と進化を重ねられています。中でも私たちにとって、使い勝手がいいのが最新のコードレス掃除機です。

 

だけどコードレス掃除機って「ゴミを吸わない」「充電がすぐ切れちゃう」なんて、思い込んでいませんか?

 

そこで、最新の性能が共働き家庭にどれだけ役立つのか、CHANTO読者が掃除機の比較実験をすることに。コードレスクリーナーの先駆者ダイソンと家事代行のパイオニア・ベアーズがコラボした「お試しキャンペーン」に参加し、手持ちのコード付き掃除機と、最新のコードレスクリーナー・DysonV11を自宅で比べてみました。

 

試してくれたのは…

nwoszkさん

ブラジルで3年間研究職に従事したあと、旅行会社勤務などを経て、現在は「北海道天塩町インスタグラマー」として活動中。夫、2歳の長男との3人暮らし。現在、2人目を妊娠中です。

 

dyson201905-2_DSC7434

▲これが今回体験するダイソンの最新コードレスクリーナー・Dyson V11

 

「コードレス掃除機って吸引力不足だと思っていました…」


まだ子どもが2歳なので、毎日の食べこぼしで床が汚れがち。ホコリなどの衛生面も気になっていたというnwoszkさん。

 

nwoszkさん:

「汚れたらサッと掃除機がけをできればいいんですけどね。これまで使っていたコード付き掃除機だと、収納場所から持ち出し、コンセントを挿して…と考えると気軽に使いづらくて。最近引っ越しばかりなので、これを機にコードレス掃除機の買い替えを検討していました。でも、コードレスって吸引力が心配で…」

 

そこで、まずは吸引力の比較実験。

手持ちのコード付き掃除機でリビングの床やラグを掃除したあと、同じ場所を改めて最新コードレスクリーナー・Dyson V11で掃除してみることに。nwoszkさんが驚いたのが、その掃除力です。

 

nwoszkさん:

「コード付き掃除機で十分きれいになったと思っていたのに、 ダイソンのコードレス掃除機で掃除をしたら、今まで取りきれなかった細かいホコリまでしっかりとれて、驚きました。まだこんなにホコリが残っていたんですね。ちょっとショックです…」

 

dyson201905-3_DSC7390

▲「重さも感じず、片手でも動かしやすいですね」

 

nwoszkさん:

「それに、コード付き掃除機だと正直、どこまできれいになっているのかわからなかったけど、コードレス掃除機はパワフルにゴミを吸っているのが実感できます。運転音も比べてみると意外と静かなんですね」

 

そう、ダイソンのコードレス掃除機は、どのくらいゴミを吸引したか、目に見えるのもうれしいところ。思わず「ここも、あそこも」と気になっていた場所の掃除が進んでいきます。

 

dyson201905-4_DSC7351-2

▲コード付き掃除機では取りきれなかった細かいホコリがこんなにたくさん

 

>>NEXT でも、結局充電がすぐ切れちゃうんじゃないの?

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。