子供の「ものを大切にする心」を育む!ハッピーセットのおもちゃリサイクルの実施が決定

マクドナルド「ハッピーセットのおもちゃリサイクル」2019テレビCM画像

ママの「子供のキモチを大切にしながら、上手におもちゃとお別れさせたい」という思いなどを受けて、2018年に日本マクドナルドが実施したリサイクル活動「ハッピーリボーン」プロジェクト。子供の「おもちゃを大切に思うココロ」を尊重しながら、子供たちの成長を促したこのプロジェクトでは実に127万個(※1)ものおもちゃが回収・リサイクルされ、店舗で使用する緑のトレイ約10万枚に生まれ変わりました。リサイクルされたトレイの長辺を並べると、なんと富士山11山分に相当(※2)

そんなプロジェクトへの反響を受け、今年は「ハッピーセットのおもちゃリサイクル」プロジェクトと名前を改め、新しいおもちゃリサイクルの取り組み実施が決定しました!

 

マクドナルド「ハッピーセットのおもちゃリサイクル」プロジェクトとは?


マクドナルドが実施する「ハッピーセットおもちゃリサイクル」プロジェクトとは、プラスチックのおもちゃを対象にした国内最大規模のリサイクル活動です。プロジェクトの期間中はマクドナルドの店頭や店内におもちゃの回収BOXを設置され、子供たちが遊ばなくなったおもちゃを回収。子供たちがみずからリサイクル活動に参加することで、ものを大切にする心を育み、成長できる機会を提供しています。

マクドナルドのハッピーセットのおもちゃリサイクル回収BOXイラスト

 

2018年に実施されたプロジェクトでは、参加した親子の満足度は83%(※3)にものぼり、子供たちの「ものを大切にする心」と「リサイクルへの意識」の両面を育むきっかけとなりました。

 

コメント抜粋画像_「子供のおもちゃお片づけに関する母親意識調査」2018年1月 日本マクドナルド調べ

 

また、両親の「子供の気持ちを大切にしながら、上手におもちゃとお別れをさせたい」という思いや、「(捨てるより)リサイクルが理想だけど方法が難しい、わからない」といった悩みに対しても解決の一助になったようです。

 

 

2019年は計3回、プロジェクトの実施が決定!


昨年の反響を受けて、今年は子供たちの長期休みの時期に合わせて計3回、プロジェクトの実施が決定。第1回目の回収期間は3月15日(金)から5月9日(木)になります。

 

<2019年のおもちゃ回収期間> 回収期間は変更になる可能性があります

第1回:春休み

 3月15日(金)〜5月9日(木) 

第2回:夏休み

 7月12日(金)〜9月5日(木) 

第3回:冬休み

 12月6日(金)〜2020年1月23日(水) 

 

ぜひ、お子さんと一緒にプロジェクトに参加してみてください!

 

ちなみにマクドナルド公式(McDonald’s)YouTubeチャンネルでは、以下を含む、今回のプロジェクト動画を3本公開中!

こちらを観ることでより、リサイクルのイメージが沸くはずです。

 

Scale for Good -より良い未来のために みなさんとともに-

世界100カ国以上で親しまれているマクドナルド。日本でも約2900店舗で約15万人のクルーが働き、毎年14億人以上が訪れています。世の中の食を支えるマクドナルドが、世界が抱える社会的課題や環境問題に取り組むのが Scale for Good(スケール・フォー・グッド)というグローバルな取り組みです。

日本マクドナルドでは「ファミリーへのコミットメント」「持続可能な食材の調達」「パッケージ&リサイクル」を3つの柱に据え、今回のおもちゃリサイクルなどを継続しながら持続可能な社会の実現性を目指しています。

Scale for Good の取り組みは日本マクドナルドのHPもご覧ください!

※1 回収したおもちゃの総重量をハッピーセットのおもちゃの平均重量で割り返した推測値(日本マクドナルド試算)

※2 リサイクルトレイ(長辺40.5cm)10万枚を縦に並べると、富士山の高さ(3,776m)の10.7倍(40.500m)(日本マクドナルド試算)

※3 「2018年『ハッピーりぼーん』プロジェクトに関するインターネット調査」2018年3月 日本マクドナルド調べ

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。