2018.05.21

【溢れる情報は読まずに聞く!書くときも、手打ちせず音声入力して時短を目指そう!】

情報を無料で手に入れられる素晴らしい現代。

昔は新聞や書籍などの紙媒体が主流でしたが、今はスマホやタブレットを用いて、いつでもどこでも手軽に入手できるようになりました。

そんな溢れる情報、どのようにインプットしていますか?

家事に育児に仕事に、毎日大忙しのママは、ゆっくり本を読む時間も取れないのが現実と思います。

読みたいものや興味あるものがたくさんあっても、それを消化する時間がないというのが正直なところなのではないでしょうか。

私もまさにその状況で、試行錯誤した結果、スキマ時間とiPhoneの音声機能を有効活用しています。

 

iPhoneの読み上げ機能でメルマガ読破!

メルマガやFacebookなどで読みたい記事があっても、なかなかじっくり読む時間はないのが現実。

私は、iPhoneに音声で読み上げてもらい、読まずに『聞いて』います。

操作はとっても簡単!読みたいメールや、メモ帳にコピーした文章などを表示させ、画面上を上から下へ、指を2本スワイプさせるだけです。

すると、このような画面が出て、表示されている文章を音声で読み上げてくれます。

1-1

※この画面が出てこない場合は設定が必要です。【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【スピーチ】

 

読みたいメールにフラグをつけたり、記事をブックマークしたり、直接だと読み上げできないものは、コピーしてメモ帳に貼っておいて、歯磨きや洗濯物を干したり畳んだりするとき、食器を洗うときや保育園送迎の運転中まで!『ながら』で『聞いて』います。
こんなふうに、スキマ時間を利用したり、ひとつの作業をするときに同時進行で活用したりすることで、限られた時間をフル活用することができますよ。

この方法だと、通勤時間(駅までの歩く道、混雑した電車内)などにメールを読むことだってできちゃうので、『歩きスマホ』せずに済みます。

難点としては、間違った読み上げも結構多いこと・・・

とあるメールで「長男、次男、三男」というくだりが何度かあったのですが、毎回「ちょうなん、じなん、みつお」と読み上げられていて笑っちゃいました。

文字を打つときはSiriを活用!

LINEやメッセンジャーの文字入力スペースって、とても狭いですね。

一生懸命手打ちしたのに突然アプリが落ちてしまって、せっかく入力していた文字が全て消えてしまう、なんてこともあります。
なので私は、長文になりそうなときは特に、直接それらのアプリから手打ちするのではなく、メモ帳アプリに向かってひたすら喋って、誤字や脱字を修正してから全選択でコピーして、各アプリのトーク画面に貼り付けています。
ちなみに、このママライター記事の原稿を作成するときも、音声入力していますよ♪

1-2

(左下のマイクをタップして、iPhoneに向かって喋るだけ!)

 

ちなみに、書籍もKindleを使って音声読み上げ機能で消化していけば、今よりたくさんの本を読むことができると思い試してみたのですが、ページの途中に写真や図解が入ってしまうと音声が途中で止まってしまうことにストレスを感じて、まだ活用できていません。
比較的安価なKindle版といってもお金がかかること、本は紙媒体で読みたいという習慣からなかなか抜け出せないことも要因なのですが、どなたか効率の良い読み方を知っていたらぜひ教えてくださいー!

限られた時間を効率よく使って、上手に情報をインプット&アウトプットしていきたいですね。

 

CHANTOママライター/ささきけいこ

Chanto

前の記事へ

初心者でも簡単!スター主婦が教えるガーデニングのコツ

アイディア

2018.05.18

初心者でも簡単!スター主婦が教えるガーデニングのコツ

スマホの時短は「Hey Siri」「OK Google」の活用が決め手です!

時短

2018.05.21

スマホの時短は「Hey Siri」「OK Google」...

次の記事へ