2019.01.15

「不器用すぎて子どもに何もできな私はママ失格…」 裁縫に苦悩するママが悩みを告白

20190109saihou01小学校の家庭科で習う“裁縫”は、女性が得意なイメージ。しかし、「針も見たくないほど苦手」「作ったら必ずちぐはぐになる」といった人も多いようです。そこで今回は、不器用すぎて裁縫に頭を悩ます女性をご紹介しましょう。

 

不器用すぎる自分に頭を悩ますママ


裁縫が苦手な女性は、“超ド級”の不器用人間で“ボタンつけ”もまともにできません。さらに最近子どもができてママになったことで、「不器用すぎて子どもに何もしてあげられない私はママ失格なんじゃないか…」とネガティブな考えを持つように。

 

この女性に対して、ネット上では「私も全くできなくてめっちゃ苦労したよ」「ボタンつけがヘタクソすぎて子どもから頼まれたくない」「わかるわ~ ミシンすら使えないし子どもが生まれてから裁縫すらしたことがない」など共感の声が上がっていました。

 

女性は不器用ながらも裁縫の腕を上達させるために、世のママたちにアドバイスを求めています。

 

裁縫上手なママたちからは、「とりあえず裁縫セットを購入してコツコツ努力するべきなんじゃないかな?」「『私は苦手なんだ!』っていう意識から変えていこう」「ゆっくりやれば必ず成功するよ」「無理矢理機会を作ってやるべきかもね」「YouTubeとかで作り方を見るといいよ」などのアドバイスが。子どもに作ってあげたい! という気持ちが本気であればあるほど、腕はグングンと上達するかもしれませんね。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。